槍ケ岳周辺滑走山行 2-2

(画像をクリックで拡大してご覧いただけます)

Yarigatake,Ohbamidake / Nagano,Gifu : Apr. 28-30 2012



雪が緩むのをじっと待っているのももったいないので、朝から日が当たっている東北面を見てみると大分緩んできた。
昨年同様殺生までこの面を一本滑って登り返すことにした。

b0062024_6435849.jpg

















上部はちょっと硬め。

b0062024_6445179.jpg














中間部から下は快適。

b0062024_6454161.jpg

b0062024_6455558.jpg

b0062024_6461537.jpg

b0062024_6462577.jpg














登り返し。
乗越へ直接登り返そうとやってみたが、沈み過ぎて難儀・・・・・
これでは踏み後がある登山ルートを登り返したほうが楽だということで、登山者と一緒に登り返し。

b0062024_6484860.jpg















小屋に立ち寄り、自動販売機でシュワシュワでノドを潤し、再度大喰岳へ。
b0062024_6502113.jpg

b0062024_6503320.jpg














西面の雪はまだ緩まず・・・・・・・
3000m の稜線は風が強い。
東面の傾斜の緩いところで風を避けてランチタイム。

山荘スタッフのMちゃんが休憩時間に大喰岳まで散歩に来た。
四人揃って記念撮影。

b0062024_6523918.jpg















午後1時半を回った。
確認すると雪もゆるんできた。
いよいよ今回のメインイベント、西面を滑る。

b0062024_654244.jpg















上部は広大なオープンバーン。
b0062024_6551674.jpg

b0062024_6552765.jpg

b0062024_6554556.jpg
b0062024_656110.jpg

b0062024_6563856.jpg

b0062024_6564679.jpg

b0062024_657293.jpg

b0062024_6571229.jpg

b0062024_6574355.jpg















斜面は徐々に先細りしながら傾斜を増す。

b0062024_6583451.jpg

b0062024_6591119.jpg

b0062024_704075.jpg

b0062024_712824.jpg

b0062024_7203.jpg

b0062024_721354.jpg

b0062024_731224.jpg















雪もシャバシャバで快適。
斜度もいい!

b0062024_73487.jpg

b0062024_73572.jpg

b0062024_741363.jpg

b0062024_742843.jpg

b0062024_7354167.jpg

b0062024_73629100.jpg

b0062024_75698.jpg

b0062024_751488.jpg
















下部はデブリが埋め尽くしているので右岸へトラバース。
登り返しを楽にするため、できるだけ高度を落とさないよう移動。

b0062024_763594.jpg













ロングで快適な斜面を滑り終え、槍ケ岳山荘へ登り返す。

雪が緩むのを待っての滑走なので、山荘へ到着するのが遅くなることが予測されるため、今日は素泊まりとし、帰りが午後6時を回ることになるかもしれないので心配しないよう山荘には伝えてある。
登り返しには凡そ3時間かかるとみる。
ま、焦らずのんびり登り返そう。

b0062024_7153737.jpg
















登り返して直ぐ、槍平にベースキャンプを張って同じエリアを滑っているHirokawa君とそろそろ遭遇するかもしれない、と思いつつ登っているとタイミングよく彼が飛騨沢を滑り降りてきた。

こういうところで知り合いと会うというのも不思議と嬉しいものだ。

b0062024_746221.jpg














広い飛騨沢は槍沢同様登っても登ってもなかなか景色が変わらない。
笠ケ岳をバックにひたすら登る。
b0062024_7161993.jpg














後ろに双六岳。
 
b0062024_7165125.jpg













長かった。
ようやく乗越。

b0062024_718440.jpg














予測どおり3時間強で山荘到着。

b0062024_7202582.jpg

山荘に到着したころは辺りも薄暗くなってきた。
テラスから槍沢を俯瞰するとグリーンバンド付近を登山者が一人歩いてくるのが見えた。
「いまあんなところを歩いているんじゃ、まだ二時間はかかるね」と皆で話していたが、暗くなってもまだ到着せず、客や山荘のスタッフも心配そうに槍沢を時々覗く。
ヘッドランプの明かりが殺生近くでまったく動かなくなった。

このレポを書いているときもTVでは白馬岳で6人遭難、涸沢岳で一人、爺ケ岳でも一人遭難、全て低体温症とみられる死亡が確認されたと報じている。

幸いこの登山者は山荘になんとか到着したようで、遭難を免れた。
天候が良くても3000m 付近の夜は冷える。
ここ槍ケ岳でも、過去にもうちょっとで到着という場所で何人も疲労遭難死している。
改めて自然の厳しさを思いつつ二日目の眠りについた。

by sakusaku_fukafuka | 2012-05-06 07:46 | 2012春 おまけ滑り | Comments(2)

Commented by 常吉 at 2012-05-07 07:27 x
雄大な滑走とつらいハイクを楽しんでおられますね。素晴らしい写真の数々、楽しませていただいています。ところで今年の槍の雪はいかがですか?

私はGW恒例の黒部源流域を楽しんできましたが、今年のあの山域は雪が少なくどこでも渡渉の不安が付きまとい、また稜線の景色はちょっと寂しい物がありました。もちろん滑走にはなんの支障もないのでロング縦走を満喫してきましたが。

Commented by sakusaku_fukafuka at 2012-05-07 18:10
♣ 常吉さん、コメントありがとうございます。
黒部源流、お疲れ様です。
そちらは雪が少なかったとのこと・・・
槍周辺は際立って降雪量が多いという感じではありませんでしたが、あの槍沢大曲の大規模な雪崩を見ると、やはり稜線付近よりも下の方が多かったのかもしれません。
昨年一昨年はアイゼンで登攀できましたが、今年はツボ足ではたいそう難儀したようです。
ツボ足では沈んで大変だという小屋のスタッフの情報で我々もツボ足アイゼンは(アイゼンは携行)止めました。
GW後半は遭難事故が相次いだのを考えると、山行をWG前半にして良かったた、と胸をなでおろしているところです。