谷川岳 3rd(シーズン初四ノ沢) Ⅲ

(画像をクリックで拡大します)

ゆっくり登り返しながら、sho さんと M さんが二本目を滑り降りてくるのを待つ。

いいね~~気持ちよさそう!

b0062024_19565412.jpg

b0062024_19573212.jpg

b0062024_1957201.jpg

b0062024_19575512.jpg

b0062024_19574138.jpg















彼らとはここでお別れ。
二人が滑り終えるのを見届けて吾輩も再度ドロップポイントを目指す。

一応マチガ沢の様子を確認するためにトマノ耳まで登る。
b0062024_2004798.jpg















オキノ耳
b0062024_201429.jpg















エビの尻尾
b0062024_2012283.jpg














トップから俯瞰した限りでは、四ノ沢とデブリは見られるものの、本谷は何とか滑れそう。
滝も埋まっているようだ。
ただし、滑るとしたら後半の藪漕ぎは覚悟が要る。


さっきの二人が熊穴沢避難小屋の稜線を歩いて戻る様子が「点」のように小さく見てとれた。
ドロップポイントまで戻り、やっぱり四ノ沢を滑ることにした。

b0062024_2053790.jpg

























山頂トマノミミ直下。
上部を見上げる。
やはり北向きに近いだけあって、雪は最高。
でも、以前降った雨?のせいか、十数センチの積雪の下にガリガリのアイスバーンが所々ある。
足の裏に緊張を保持しながら滑らないと滑落しそうだった。
本谷に合流して緊張感がいささか緩むと早くもデブリのお出迎え。

b0062024_20173630.jpg
















落ちたばかりのデブリで、幸いまだ柔らかく、ソールで潰しながらスキーヤーズレフト側を下り、三ノ沢との合流地点からスキーヤーズライトに移動。
右岸を掠めるように滑降。

近づいてみると、まだ無雪期の滝の名残がある。
b0062024_20192871.jpg

b0062024_20193476.jpg















S字を過ぎると、滑れるのはここまで・・・・・・・・・・
覚悟してきたものの、長い藪漕ぎの始まりだ。

板を脱ぎ、シューに履き替えてボードを小脇に抱え、国道291を目指す。
b0062024_20202267.jpg














藪の中を歩けるところを探しながら右往左往・・・・・・・・
吹き溜まりに足を取られ、這々の体で這い上がり、汗ぐっしょり、喉はカラカラ・・・・・
ようやく夏の登山道とおもわれる辺りに出る。
見つけたマチガ沢の支流の流れに屈み込み、ガブガブと川の水を飲んだ。
「うま~~い!」
川の水がこんなにうまかったとは・・・・・・
b0062024_20274924.jpg















やっと国道291号に出る。
滑ったマチガ沢と難行苦行の藪を振り返る(笑)
b0062024_20291079.jpg

かくして今シーズン初四ノ沢滑降を終えた。

by sakusaku_fukafuka | 2012-12-26 20:33 | 2013 雪山三昧・前期 | Comments(4)

Commented by sho-m1228 at 2012-12-27 21:21
難行苦行の藪!(笑)
最後の写真がすごいです(^0^;

写真撮っていただき、ありがとうございました。
フォームチェックできました。
それと、fukafukaさんの写真と私の写真、WBが違うのが分かりました。
これも個性なんだなぁと思いました。
Commented by sakusaku_fukafuka at 2012-12-27 23:37
藪・・・・
はい、山上から見た時覚悟したのですが、やっぱりこの藪を抜けるのは一苦労でした。

WB、ええ、これはデフォルトのままなのですが、いささか青が強すぎる傾向がありますね。
調整の必要性を感じているのですが・・・・・・
その点shoさんのWBはとてもナチュラルですね。
Commented at 2012-12-27 23:46
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by sakusaku_fukafuka at 2012-12-27 23:56
鍵コメさん、ありがとうございます。