武尊山 (十二沢) BC

(画像をクリックで拡大します)




雪。
いい降り。

谷川を計画したものの、ロープウェイ駅の駐車場入口には
『このところの積雪でゲレンデの整備が遅れ、ロープウェイ運行は10:00時』

さて、どうしたものか・・・・・・・

脳裏をかすめたのは『おぐなホタカ』

急遽取って返し一路片品へ。

日曜日だけあって駐車場はほぼ満杯。
長距離移動で出遅れたが、一番下の駐車場へなんとか入れて準備。

送迎バスにてチケット売り場へ。

チケットを購入していると声をかけてきたのは、なんと何年ぶり?のSUSHIOさん。
「二階にセキグチさんも居ますよ」
いや~~懐かしい名前・・・・・
「おられるのなら主さんにご挨拶せねば」

センターハウスの二階でゲレンデを滑り終えて休憩中だったのは、わたくし思うに『ここの主さんと』言っても過言ではありません。
バッテレ隊の隊長ご夫妻でした。
もう何年ぶりになるだろう・・・家の串から西俣沢へドロップしてロングなコースを楽しんで以来だから、8年いや、9年ぶり???

滑りに来たことなんぞすっかり忘れてしまうくらい昔話に花が咲いた一時でした。



休憩後はもちろん、今日のメインイベント前武尊へ。
降りしきる雪の中、一番上の第6 ペアリフトを降りて早速登坂準備。
b0062024_20291051.jpg














懐かしい武尊への登り。
いきなり急登へ取り付く。
b0062024_20311574.jpg














自分的ここの魅力はコメツガ、ダケカンバ、ブナなど歴史を感じさせる大樹が豊富にあることだろうか。
登攀でまず出会うコメツガにも歴史を感じる。
b0062024_21174958.jpg














各々、自分のペースでゆっくり登ります。
b0062024_20362868.jpg

b0062024_20363920.jpg













好きなコメツガの森です。
b0062024_20364577.jpg















アプローチが短くて済むのはここの魅力の一つ。
先行者のトレースをこの日は使わせていただき、およそ50分足らずで前武尊。
b0062024_20382756.jpg














前武尊に登ったらこの銅像(日本武尊ヤマトタケル)の前で記念撮影でしょう。

セキグチさん、ルリルリさん、スシオさん、ユキオさん、カヨさん、吾輩(フカヅ)
そしてゲストに群馬県警山岳警備隊の新井さんも交えて。

b0062024_205831.jpg














メインカメラはただ今入院中なのでサブカメラを持ってきたのだが、寒さも相まって思うように動いてくれない・・・
動体を追うのはちょっと無理だった。
ピンぼけ写真も交えてこの日の滑りを・・・・・・・・
b0062024_214374.jpg

b0062024_2141070.jpg

b0062024_21215071.jpg

b0062024_2141813.jpg

b0062024_2142679.jpg

b0062024_2143392.jpg















気持ちいいので登り返しです。
b0062024_2145855.jpg

b0062024_21569.jpg















晴れる予報じゃなかったのにラッキー!

やっぱりここに来たら『剣ヶ峰』を見ないと。

さっきは見えなかったので嬉しいかぎり。
美しい。

『剣ヶ峰』と奥に『家の串』
b0062024_2218181.jpg















カメラ不調で二回目の撮影は諦めた・・・・・・

束の間太陽も顔をのぞかせて外界を俯瞰。
b0062024_21105764.jpg


懐かしい面々と久しぶりの再開を果たし、楽しい一日となった。






追伸:本日、日曜日谷川敗退。

降りすぎ、深すぎ・・・・・・・
大学生の雪訓パーティのラッセルのお陰で田尻尾根までは楽をさせていただいたが、彼らと別れてその先はほぼ一人ラッセル。
天候の悪さと深すぎの雪に敗退。
西黒沢までドロップしたものの、ボトムも深すぎて板が走らずシューに履き替え、田尻沢コースまで歩いて戻るはめに・・・・・・・
ゲレンデ連中が滑りまくるコース外は無法地帯。
ちょっとした振動でスラフが音もなく流れ落ちていくこんな日、彼らに切られて雪崩を落とされるのが怖い。
よって歩きにくいがストックを突いて穴が無いか探りながら左岸を歩く。
無事田尻沢コースまで生還。

今日も武尊にした方が良かったのかも・・・・・・・・

by sakusaku_fukafuka | 2013-01-20 21:11 | 2013 雪山三昧・前期 | Comments(6)

Commented by バナ at 2013-01-21 12:43 x
はじめまして。尾花といいます。
2~3年前の年末、谷川岳のロープウェイ下りで一緒になった者です。覚えてらっしゃるでしょうか?
あの時は新しくしたスノーシューの練習をしてました。
何枚かスマホの写真を見せて頂き、すごいと思っていました。
帰ってからこのブログを発見し、今まで読ませてもらっていました。
昨日私もホタカに登り、十二沢を滑りました。
もしかして山頂にいたグループの中にいらっしゃったのでしょうか?後から来たファイントラックの青いウェアを着たのと茶色系のウェアを着た二人組です。ちょっと脇に荷物を置いて携帯で写真を撮ってました。

また会う事があったら話をしたいなと思っていたので、ニアミスで残念です。
どこかでお会いしたらまた話をしてみたいです。
今シーズンも怪我の無いように。いい写真を期待してます!


Commented by mountainshark at 2013-01-21 12:45
遅ればせながら、あけましておめでとうございます。

以前アライさんとお話をさせていただく機会があった時に、谷川に通われておられるフカヅさんのことをご存知ですかと伺ってみたところ、
「遠くでハイクしているところはよく見かけるのですが、なかなかタイミングが合わないので接点はほとんどないんですよ」
と仰っていました。
一緒に写真を撮った場所が谷川でないというのが面白いですね!

P.S.
年賀状ありがとうございました。
昨年はずっと尋常でなく多忙だったもので、お出しすることができず申し訳ございませんでした。
今後とも宜しくお願い致します。
Commented by sakusaku_fukafuka at 2013-01-21 22:08
♣ バナさん、コメントありがとうございます。
谷川のロープウェイの下りで・・・・・・・
下りのロープウェイに乗っていたということは、まだシーズン始めだったのでしょうか?
その時のことはよく覚えていなくて申し訳ありません。
武尊山ではもしかして山頂付近のシラビソの小木の辺りで、トレースからちょっと離れた(何をしていたのかは存じませんでしたが)ところに居られた二人組でしょうか?

バックカントリーの世界は広いようで狭いかもしれませんね。
私は人相が良くないので割りと覚えていただけるようなのですが、私自身は忘れっぽいので恥ずかしい限りです。
またどこかで見かけましたら一声かけてください。
Commented by sakusaku_fukafuka at 2013-01-21 22:13
♣ mountainshark さん、コメントありがとうございます&明けましておめでとうございます。

警備隊の皆さんとは良く出合いますので、新井さんとはお互い遠くからは見ていたようですよ。
ああいう方がおられるというのは心強いものですよね。
でも、お世話にならないようにしないと・・・・・・・ですね。

ブログの更新が無いな~~と思っていたら忙しかったのですね。
sho さんや常吉さんと谷川岳でお会いしました。
mountainshark ともまたどこかでお会い出来るのを楽しみにしています。
Commented by kimiko_shibata1 at 2013-01-24 06:52
武尊、二度トライして(夏山ですが)、二度とも山頂に立てなかった山です。
大きな山ですし、天候の急変に下山しました。
山でもそうなのですが、偶然に知り合いに会うことが結構あります。
考える路線が同じようなのかな?
群馬は結構気温が上がっているようですね。
お気をつけて!
Commented by sakusaku_fukafuka at 2013-01-26 16:59
♣ kimiko_shibata さん、コメントありがとうございます。

武尊山にはそんな思い出がありましたか。
前武尊山、剣ヶ峰、中ノ岳、家の串、武尊山、剣ヶ峰山など、ピークが数ありますから全てを登るのにはちょつと大変ですよね。
私は雪の剣ヶ峰が好きですね。