プチ平標山

国道沿いに車が二台、別荘地の奥まで乗り込んだ車が一台。(一般道ではないので許可車以外の車の乗入入れ禁止の張り紙を別荘地管理人に張られている)
朝のあれだけ荒れた天気でも登ってる人がいたのだ・・・

吾輩は時間が無いのでちょっと一時間ほどハイク。
気になる平標山の様子を見に行ってきた。
予備として使っているアナログのビーコン以外の装備は持ってきてないしハイクはツボ足。
午前中の冷え込みでアイスバーン。
スノーボードブーツのままなのでアイスバーンの上はツルツル滑るが、夜半から降った雪がところどころ吹き溜まり、新雪の上はちょっと沈む程度。


ヤカイ沢の雪はほとんど解け、場所を選んで滑るようだ。
春がどんどん駆け足でやってくる。

かぐらに無線飛ばしたら I & G夫妻から応答。
K沢を滑っている様子。
「思いの外良い」とのこと。


もうちょっと上まで行きたいところだが、装備を持ってきてないので写真の場所から少し登った当たりで諦め、滑走に入る。

いざ滑りだすと、や~~かぐらの気持ちがよく分かる。
滑る滑る・・・・・・・・
下地はアイスバーンだし、新雪もこの時期の雪にしてはすこぶる滑る。
「こんなに滑るんだったらもうちょっと登っておけばよかった」などとちょっと後悔しながらアっと言う間に林道。

これだけ雪解けが進むとここを滑ることができるのも時間の問題だ。
ちょっと寂しさを感じながらプチ平標山滑降を終えた。
b0062024_22464738.jpg

by sakusaku_fukafuka | 2013-03-22 22:47 | 2013 雪山三昧・後期 | Comments(2)

Commented by kimiko_shibata1 at 2013-03-23 06:31
プチと言いつつ、この雪山をここまで登ってしまうsakusakuさま
軽く遊べていいですね。
私も持ち時間で、あのコース、このコースと考えながら里山を遊んでいます。
考え方は同じですが、体力・根性は雲泥の差!
でも私はもう無理ができなくなりました。
こうして好きな平標を見られてうれしいです。
この辺の別荘が買えたらな~と思って登ったこともありますよ。
Commented by sakusaku_fukafuka at 2013-03-23 20:11
♣ kimiko_shibata さん、コメントありがとうございます。
いえいえ、本当にプチハイクでしたよ。
平標山をこのアングルで見ることができるのは冬だけですから、雪山遊びをしている者の特権でしょうか。
厚い雪の層に押し倒された藪はまだ埋まったままですから場所を選べばまだ滑れそうです。
それにしても春の足音は速いです。
ここは南面ですから日増しに雪解けが進むでしょう。