至仏山・吹雪のち晴れ

(画像をクリックで拡大します)

GW 前半、春のお祭り至仏山。
今シーズンの気象はちょっとおかしい・・・
新潟と東京から仲間がやってくる。
この季節にしてどうやら山は雪らしい・・・
例年だったらタイヤもそろそろノーマルタイヤに履き替えが済んでいる頃だ。
一応スノータイヤの確認。

待ち合わせ場所のコンビニにほぼ定刻に全員やってきた。
6人がそれぞれ三台の車に分乗して鳩待峠へ向かう。

戸倉の市街地を抜け、県道63号線「奥利根ゆけむり街道」に入ったとたん、真冬並みの降雪。
タイヤのわだちの跡が続いている。

ドリフトしながら九十九折れの山道を走り、鳩待峠着。
駐車場にはまだ数台分の空きがあるものの、たちまち埋まった。
我輩の車に集まり、就寝前の打ち合わせ。
外は猛烈な風が吹いている。
出発予定は6時、天気の様子を見て変動はあるものの、できるだけ予定の時間に出発する旨打ち合わせて早めの就寝。
それぞれの車に戻って寝袋に潜る。
夜通し強風に煽られて車がユサユサと揺れた。

4時起床。
外を見ると真っ白け。
ちょっとテンション下がるも、予定通り準備開始。
b0062024_12183992.jpg















それぞれが起きてきて吹雪のなか準備が進む。
b0062024_1219250.jpg

b0062024_15183818.jpg

















鳩待峠の上の駐車場へ移動すると、早くも最初のスノーボーダーが登攀の準備をしていた。
b0062024_1519841.jpg














どんなに寒くても、元気です。
b0062024_139688.jpg

















我々は二番手かな・・・
b0062024_1220391.jpg
















登山届け投函。
b0062024_1221389.jpg















相変わらず風はつよいものの明るくなってきたので気持ちも明るい?
b0062024_12213216.jpg















いい降り方です・・・・・
横からビュービュー吹き付けます。
b0062024_12222059.jpg
















この天気じゃ、今日はダメかなぁ・・・
オヤマ沢田代直下のシラビソの森。
b0062024_12243527.jpg
















オヤマ沢田代を過ぎるころはほぼホワイトアウト・・・・・・
小至仏山のトラバースも方向を見失うくらい見えない。
b0062024_12293717.jpg













やっとのことでホワイトアウトの中、天候回復を信じて至仏山直下到着。
至仏山山頂は風をさえぎるものが無い。
山頂手前の岩陰にて天候回復を待つ。
b0062024_12322731.jpg













もうじき五月というのに、まっこと寒い・・・
ここはまさに真冬なのだ。

ここ至仏山に来ると知っている顔に会える。
知人たちも我々に混ざってここでしばし風除け。
K君、Tみちゃん、K太君、Tukaさん、Nおちゃん、お久しぶり。
b0062024_13273873.jpg













岩の陰に荷物を置いて、一応山頂を踏む。
b0062024_12343235.jpg














久しぶりに会った仲間たちはワル沢へ先にドロップしていった。
b0062024_12355085.jpg














そのあとも我々は寒風の中、粘りに粘って待つこと2時間。

抜けた!!

知っている人も知らない人たちも、皆口々に歓声を上げる。
お日様への感謝の気持ちは皆一様である。
b0062024_12383990.jpg














天候が変わらなかった場合はワル沢一本のつもりだったが、晴れたからには最初の計画通りムジナ沢を一本やりたい。
時間を確認すると二時間の待機時間を引いてもぎりぎりセーフ。

ほとんどのライダーたちがワル沢へドロップしていくのを尻目に、我々はムジナ沢のポイントへ移動する。
b0062024_124153100.jpg

b0062024_1242273.jpg

b0062024_12421380.jpg















一本目ムジナ沢。
Mackie
b0062024_12442533.jpg

b0062024_12443385.jpg

b0062024_12444073.jpg















O's man
b0062024_12452045.jpg

b0062024_12452840.jpg

b0062024_124537100.jpg

b0062024_12454960.jpg















ちょっとパックされてるけど、この時期にしてこんなパウダースノー。

Keirine
b0062024_124914.jpg

b0062024_12491138.jpg
b0062024_1249187.jpg














Ryon
b0062024_12495034.jpg
b0062024_12495758.jpg

b0062024_1250727.jpg

b0062024_12501819.jpg

















Taka
b0062024_12503389.jpg

b0062024_12504225.jpg

b0062024_12505382.jpg

b0062024_1251261.jpg














最高の気分を形で表すと?
心もきっと空を飛んでるでしょ!
b0062024_12514238.jpg














滑ったラインの跡を戻るように上り返します。
b0062024_12545171.jpg















「尾瀬ヶ原」 いい眺めです。
b0062024_12561051.jpg















辛いけどもうちょっと・・・・・
b0062024_12564159.jpg

b0062024_12565881.jpg

b0062024_12571253.jpg













尾瀬ヶ原を俯瞰しながら休憩。
笑顔がこぼれます。
b0062024_12575782.jpg














湿原を歩く人・・・
b0062024_12581617.jpg















相変わらず風は強い。
b0062024_12585029.jpg
















登攀再開。
b0062024_12592799.jpg














後ろに平ケ岳も見えた。
b0062024_1301229.jpg

b0062024_1302429.jpg















もうちょっとだぜ
b0062024_1305685.jpg















次のワル沢のポイントへ到着。
滑走の準備に入ります。
b0062024_1313831.jpg

b0062024_133143.jpg















日光白根山も見えます。
b0062024_1323559.jpg

















小至仏山
b0062024_1332543.jpg
















GO!
b0062024_1335637.jpg














強風のワル沢へ飛び込むように滑り込みます。
b0062024_1343278.jpg

b0062024_1311928.jpg














写真を撮るので我輩から・・・・・

b0062024_13452039.jpg

b0062024_131039.jpg















Taka
b0062024_1345639.jpg

b0062024_13115052.jpg

b0062024_131278.jpg

b0062024_13121973.jpg














Keirine
b0062024_13124854.jpg

b0062024_1312573.jpg

b0062024_1313713.jpg
















Mackie
b0062024_1314927.jpg

b0062024_13141887.jpg

b0062024_13142763.jpg

b0062024_13143414.jpg















すごい風です。
b0062024_1315379.jpg














O's man
b0062024_13155690.jpg

b0062024_1316455.jpg

b0062024_13161419.jpg

b0062024_13162148.jpg

b0062024_13171168.jpg















Ryon
b0062024_13173430.jpg

b0062024_13174757.jpg

b0062024_13175567.jpg

b0062024_1318356.jpg

b0062024_13182114.jpg

b0062024_13182972.jpg














樹林帯は最高の板掴み・・・・・・・
でも、至仏山が最高の雪だったので許しましょう。

川上川を渡り鳩待峠へ登り返し。
b0062024_13201780.jpg


b0062024_13202813.jpg













もうすぐ鳩待峠
b0062024_1321166.jpg














夕日の中を滑ることができた今日の至仏山ツアー。
穏やかな西日を受けて終了しました。
b0062024_13215098.jpg

b0062024_13215837.jpg

by sakusaku_fukafuka | 2013-05-05 13:33 | 2013 雪山三昧・春 | Comments(4)

Commented by hamabig at 2013-05-05 18:33
こちら関西では考えられない雪量で、
まだ滑りを堪能されている様子が伺えます。

羨ましい限りです。
Commented by 常吉 at 2013-05-06 07:45 x
春ならぬ厳しい気候と、正に春そのものの穏やかな日差しのコントラストを楽しませていただきました。
影のように見える疾走するライダー達の写真、素人目にも素晴らしいですね。
Commented by sakusaku_fukafuka at 2013-05-06 18:59
♣ hamabig さん、コメントありがとうございます。
こちらでもこの季節にこんなに降ることは珍しいです。
季節外れの新雪に喜んだ一日でした。
Commented by sakusaku_fukafuka at 2013-05-06 19:04
♣ 常吉さん、コメントありがとうございます。
黒部五郎でのサプライズ・・・
ごく限られたエリアでの偶然の再会は驚きと感動でした。
あの再開の瞬間を思い出すと今でもドキドキするのです。
今度はどこで会うのでしょうかね?

一緒にこの日滑ったライダーたちは滑りに関しては本当に上手なんですよ。
爺~じライダーには真似できません(笑)