国境の稜線 #3

昨日かぐら。
今日は天候に期待が持てそうなので谷川岳。

塵も積もれば山となる?
駐車料金¥1000も回数を重ねれば大きい額になる。
立体駐車場へは停めず、ウォーミングアップを兼ねて歩く。

板を持って歩いているとフラフラするくらいの強風に煽られる。
「もしかして、ロープウェイ動かないかも?」

ベースプラザに入ると発券を待つスキーヤー&スノーボーダー、そして登山者で大賑わい。
チケット販売は8:30とのこと・・・・・・

山頂まで歩き、滑った後更にロープウェイ駅まで歩いて戻ることを考えると、もっと早く動かしてもらいたいものだが、それはこちらの勝手な都合か・・・・・・・・・・

ベースプラザで見たことある人に遭遇。
ヂュンさんとお仲間と4人?

同じロープウェイにて山上駅へ。
待たされただけあってロープウェイはそこそこ乗っている。
(画像をクリックで拡大します)
b0062024_2149217.jpg













彼らはゲレンデを滑るとのことだったので、ロープウェイを下りてお別れ。

ロープウェイの運行開始時間も遅く、日が沈むのも早いこの時期、のんびりしてはいられない。
早速登攀準備。
強風も止み、おだやかな天候になってきた。
このまま山頂も晴れてくれれば・・・・・・・・

b0062024_21492978.jpg














昨日もだいぶ降ったようで、とにかく深い・・・・・・・・・・
スプリットでもズブズブと沈み、ゲレンデ横の急斜面は難儀する。
振り返ると登山者が数名登ってくるが役に立ちそうも無い。

田尻に立つと久しぶりに見る快晴の谷川岳。
しかし、昨日のトレースはすっかり消えていて今日も一人ラッセルになりそうだ。

b0062024_21512321.jpg












それでも、熊穴沢から先は昨日テン泊したらしい登山者たちのトレースがあるようだ。
b0062024_21513124.jpg














トレースはまったく無い・・・・・
とにかく深い

b0062024_21532318.jpg














我輩のトレースを使って歩いてきた登山者たちが追いついてきたが、我輩は彼らとは別のトレースをつける。

ここから見る俎嵓山稜はお気に入りの風景。
b0062024_2155058.jpg


b0062024_2155916.jpg














熊穴沢避難小屋でラッセルバテ・・・・・・・・・・・・
いささか疲れた。

大休止をして暖かいレモンティを喉に流し込み出発。
(汗噴出でコーラの方がよかったかも・・・)

ここからの急登がけっこう吹き溜まる。
先行の登山者のトレースはシールには使えない。
シール歩行を試みるも急な斜面と深雪に難儀して結局背負うことに・・・・・・・・

息も絶え絶えにやっとの思いで天狗の留まり場到着。
これから滑ることになる斜面を見上げる。

振り返っても滑り屋は誰も来ないようなので最初のシュプールを描けそうだ。

b0062024_2201748.jpg














尾瀬至仏山と上州武尊山を望む。

b0062024_222217.jpg















肩の小屋
b0062024_2224123.jpg














山頂方面

b0062024_2225794.jpg













13:50
山頂到着。
深雪に難儀し、結局今日もここまで5時間を要した。

トマノ耳からオキノ耳と茂倉岳方面。

b0062024_2232134.jpg















肩の小屋
b0062024_2233980.jpg














指導標
b0062024_224192.jpg















山頂からマチガ沢を確認したが、こっちを滑ったら後半の藪漕ぎに難儀しそうだ。
本谷はすっかり埋まっているが、クタクタの体であの藪を抜ける気力は無い。

肩の広場を滑ることにしてGO!

気持ちいい・・・・・・
今年最高の気持ち良さ。

シュプールを振り返る。

b0062024_2265317.jpg













疲れてはいるが、あまりにも気持ちよかったので登り返し。

オジカザワの頭。
日がだいぶ翳ってきた。

b0062024_2275312.jpg
















俎嵓山稜とオジカ沢の頭
b0062024_2281829.jpg















今日のタイムリミットは午後3時。
日が短いのでこれ以上は危ない。

もう一度一回目のエントリーポイントまで上り返したかっったが天神ザンゲ岩のところまで登ってタイムリミット。

滑る斜面を俯瞰。
左に一本目のライン。

b0062024_22101789.jpg















滑り終えて一本目と二本目のラインを確認。

気持ちよかった・・・・・・・・・

b0062024_22111340.jpg














西黒尾根越しに白毛門と笠ケ岳。

b0062024_22115153.jpg














帰りがけに滑ったラインを振り返る。
b0062024_22124473.jpg

b0062024_22125644.jpg















残照の西黒尾根

b0062024_221340100.jpg














振り返る
b0062024_22141926.jpg














もうバテバテ・・・・・・・・・・・・
もうちょっとで田尻尾根まで戻れる。
夕照がダケカンバ、ブナの森を照らす。

b0062024_2215139.jpg















田尻尾根から谷川岳を望む。
夕日に照らされた穏やかな谷川岳。

b0062024_22172961.jpg

b0062024_22173728.jpg


なんとかロープウェイに間に合った。
田尻尾根トップで再度スノーボードを装着。
ギタギタにラインの入ったゲレンデを一気に滑り降りた。

by sakusaku_fukafuka | 2013-12-29 22:19 | 2014 雪山三昧・前期 | Comments(4)

Commented by utinopetika2 at 2013-12-30 20:34
夏の谷川岳でさえ興奮しました。
この時期の谷川岳は、さぞ素晴らしいのでしょう。
私には到底無理ですが、憧れます。
今年もたくさん刺激を頂戴しました。
来年も素晴らしいカメラアイを拝見させてください。
良いお年を・・・
Commented at 2013-12-30 21:45
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by sakusaku_fukafuka at 2013-12-30 22:05
> utinopetika2 さん、コメントありがとうございます。
夏の谷川岳、登られていましたね~
この日ラッセルに費やした時間が多く、5時間もかかってしまいましたが、今日は約2時間で登れました。
普段も日曜日なら、前日土曜日のトレースが残っていることもあり、うまくそれが使えれば今日のように2時間あまりで山頂まで行けます。
決して不可能ではありませんので、いつか冬の谷川岳に訪れてみてください。
良いお年を!
Commented by sakusaku_fukafuka at 2013-12-30 22:08
>sho さん、コメントありがとうございます。
ニアミスでしたか~~
もしかしたら昨日sho さんたちがいるかな?なんて思いながら登りましたが、かぐらでしたか。
二日間とも入れ替わったみたいにニアミスでしたね。
こちらこそ、お会いできるのを楽しみにしています。
良いお年を!