歩き長くも価値ある一本

霧中を歩き、箒で掃いたようにガスが切れた時の悦びは万人共通。
あっちこっちから「抜けた!!」と満面の笑みを浮かべながら歓声が聞こえる。


(画像をクリックで拡大します)

稜線からこんな景色を俯瞰するとアドレナリン爆春するね!


b0062024_20432555.jpg



b0062024_20441654.jpg







稜線移動は強風との戦い。
我々の先にトレースは無し。
新雪とアイスバーンが交互にやってくる。
横ずれして谷底に滑り落ちていく恐怖感との戦いだな・・・

強風に飛ばされてくる氷片が容赦なく叩きつけて露出した頬が痛いくらいだ。

b0062024_20343427.jpg
















移動

b0062024_2034553.jpg
















いい眺めだが反対側から見るのと随分ちがうもんだ。

b0062024_20355353.jpg















苦労の甲斐あってロングな歩きがやっと終わった。

b0062024_20363691.jpg
















ここを落とす・・・・・・
ここでもアドレナリン吹き出しそうだね

b0062024_20371961.jpg















価値ある一本を思う存分楽しむ。

Massey
b0062024_2039349.jpg













Taka

b0062024_2039257.jpg













Fukazu

b0062024_205729.jpg



大満足で帰路の1時間半の歩きも気にならない。
温泉で暖まりながら静かな山行を終えた。

by sakusaku_fukafuka | 2015-03-16 20:42 | 2015 Season雪山三昧・中期 | Comments(0)