双六岳周辺滑りまくり春スノーボード 5日目 下山

5日目、最終日。
一日二本のペースで双六小屋ベースに滑ってきた。
長いようで短かった5日間。
名残惜しいけど最終日は新穂高温泉へ下山する。


帰路は、雪解け著しい双六谷を滑って往路の大ノマ乗越へ登り上げて秩父沢へ下るか、稜線を弓折岳へ歩き、弓折岳トップから秩父沢へ滑り降りるか、選択は二つに一つだが、「大ノマ乗越を登り上げる自信がない」と言っていた友人のこともあって、秩父沢から弓折岳へ登り上げ、稜線から双六小屋へアプローチする場合のことも考慮し、一度残雪期の双六小屋から弓折岳間の稜線を歩いておくのも良いかもしれないという結論に至った。

大ノマ乗越軽油なら雪が緩むのを待って出発した方がいいのだが、稜線を歩くとなると早い出発の方が踏抜きが少なくて済む。
よって雪が緩むのは弓折岳山頂でのんびり待てば良いということにして、6:00am 前の出発となった。




今朝も快晴。
笠ケ岳がきれいだ。

(画像をクリックで拡大します)

b0062024_2263782.jpg
















5日間お世話になった双六谷を振り返る。
「また来るよ~~」と言いたいところだが、いつまで体力が持つだろう・・・・・・・
来年また「ここに居ることの幸せ感」を味わいに来れたらいいな・・・・・

b0062024_221019.jpg
















稜線から2705m峰が良く見える。
ジっと見つめると自分の滑ったラインが望めた。
b0062024_2215080.jpg


b0062024_2215975.jpg


b0062024_22154276.jpg
















左手にはいつも槍ヶ岳~穂高連峰。
b0062024_22232597.jpg


b0062024_22233665.jpg
















遠くなりました、双六小屋
b0062024_22242210.jpg
















弓折岳に近づくにつれ、東面の滑った斜面が一望できるようになってきた。
b0062024_22252671.jpg















弓折岳到着。

のんびり雪が緩むのを景色を楽しみながら待つ。

b0062024_22264093.jpg


b0062024_22265055.jpg
















写真を二枚貼り付けてパノラマにしてみた。
b0062024_22281214.jpg


b0062024_22282183.jpg













弓折岳山頂から秩父沢を俯瞰。
よく見ていると登山者が大勢やってくる。
b0062024_22304282.jpg


b0062024_22305184.jpg















まだ雪は緩みきってないが帰りの時間を考慮するとあまりのんびりもしていられない。
9:00am 下山開始。
滑ると言うよりも、背中の荷物が重たくてただ、ただ下に降りるだけというのが精一杯。

弓折岳を中間から見上げる。

b0062024_22331232.jpg
















縦ストライプがすごくて、とても快適とは言えないまま、なんとか秩父沢を林道まで滑り降りた。
この五日間でだいぶ雪解けが進んだように思える。
b0062024_22352461.jpg

















驚き・・・・・・
ワサビ平小屋を過ぎて左俣谷を渡りしばらく歩くと除雪が入っていた。

b0062024_23244430.jpg















やっと駐車場が見えてきた。
5日間のスノーボード三昧終わり。
どうやら今シーズンはこれが滑り納めになりそうだ。

b0062024_19869.jpg















下山後は腹がペコペコなのだが、やはり優先は6日振りの温泉だろう。
温泉はこのエリアに来た時はよく使う竜島温泉
6日ぶりに湯に使った気分は言葉では言い表せません。

ここは目立たないところにあるためか、わりと空いているのがいい。
b0062024_1182523.jpg
















温泉で汗を流せば仕上げは「肉」です。
最近ここがお気に入り。
大盛りを頼んでご満悦。

ところが、店に入って驚いたのは、双六小屋で一緒になった「あらい」さんたちお二人が居るではないか。
ということは、違うルートを帰路に使ったが、ほぼ同じ時刻に下山したということなんだな・・・
先に召し上がっていたあらいさんたちと再会を誓ってお別れ。

満腹になって幸せだけど、でも、まだ4時間の運転が残ってる。
が、この記事が書かれているということは無事帰宅したということである(笑)。
しかし、今回の双六エリア・ツアーはシーズンの締めくくりにふさわしい内容で終わった。

また来年も是非双六にチャレンジしたいがしたいし、ここの生姜焼き定食を食べにも来たいしなぁ・・・・・・・・
体力衰えつつあるけど、頑張らねば。
b0062024_127206.jpg

by sakusaku_fukafuka | 2015-05-28 01:32 | 2015 Season 雪山三昧・後期 | Comments(6)

Commented by 常吉 at 2015-06-01 00:12 x
1シーズンお疲れ様でした。そして読んでいるだけでドキドキしてくるステープ滑走の記録や素晴らしい写真の数々をありがとうございました。私も昨日富士山を滑って板を収めました。長いようで終わってみるとあっという間の半年でした。
これからのグリーンシーズンはまた山の緑やきれいな花の写真を楽しませてください。そしてまた来シーズンどこか雪山でお会いすることを楽しみにしております。
Commented by あらい at 2015-06-01 19:14 x
大変お疲れ様でした。豚さん食堂にfukafukaさんが入って来た時は、こちらもビックリしました。だって遙かに先行していると思っていたのですから・・・
我々は双六岳を登り南峰からの大きいカールを滑り、大ノマの乗越しに着いたのは10:10過ぎ。10:25頃滑り出して新穂高の駐車場着で13:20頃。途中ボードのトレースも見ていたので、もうお会いする事はないと思っていました。
私の滑り収めは白馬で柳又谷+白馬沢右股でした。新緑の山スキーも好きなので、一回位は・・・なのですが、板が可哀想です。でも楽しく滑れました。来シーズンは是非谷川で会える様願っています。ではまた。
Commented by sakusaku_fukafuka at 2015-06-01 21:40
>常吉さん、コメントありがとうございます。
今シーズンも奥山で常吉さんたちに逢うことが出来て良い締めくくりになりました。
本当に長いようでシーズン短いですね~~
溺れるようなパウダーを滑ったのがついこの間のような気がします。
富士山を滑って板納め、さすがですね~。
吾輩は双六でシーズン終えました(笑)
これからは夏山にシフトですが、体力と相談して登りたいと思います。
再会、楽しみにしております。
シーズンお疲れ様でした。
Commented by sakusaku_fukafuka at 2015-06-01 21:57
>あらいさま、コメントありがとうございます。
10:25分頃大ノマ乗越を滑り出したとのこと。
吾輩は10:15分に左俣谷の橋の辺りから大ノマ乗越を振り返っておりました。
ちなみに駐車場到着は12:35分でした。
しかし、駐車場に到着したら左の前輪がなんと、パンクしていているではありませんか・・・タイヤ交換にだいぶ時間を取られました(笑)
それに加え、温泉でのんびりしていたので皆さんより遅くなったのだろうと思います。
しかし、皆さんパワーありますね~
あのあと白馬でしたか。

双六では皆さんと色々話ができてとても楽しかったです。
来シーズン、本当に谷川で会いたいですね。
来季のパフパフのパウダースノーの頃の再会、楽しみにしております。
楽しいひと時をありがとうございました。
Commented by あらい at 2015-06-04 20:27 x
いえいえ、白馬へ行ったのは、5/22です。あの後は素直に帰りました。そんなに元気ではありません。
無雪期も体力低下しない様に頑張って歩かなくてはと思っていますが、なかなか・・・
Commented by sakusaku_fukafuka at 2015-06-04 20:44
>あらい様、コメントありがとうございます。
あはは、早とちりですね。
わたしも冬がメインですから、体力落ちないように夏も気を抜かないで山を歩きたいと思っています。
が、わたしもまだその夏山に全く登れていません。
体力維持、大事ですもんね。
お互い頑張りましょう。