自作スノーボード試乗

天気が悪くなることは分かってるんだけど、白いのみちゃうと家でジっとしていられないもんね。
谷川岳は真っ赤に染まって美しかった。
でも、谷川岳が早朝きれいに見えると大概天気が崩れてくるんだよね~。
ってなわけで、今日は自作スノーボードの試乗をやりたいので、誰でも知ってる某スキー場のトップまで上がって、そこから滑り降りてこよう。

ロープウェイは点検中で動いてないから急いでいく必要も無い。
自分的には珍しくのんびり出発。
歩き始めた頃はまだこんな(↓)に青空だった。
b0062024_15234395.jpg











雪がまだしまっているせいもあるのか、板の重さの割には歩きやすい。
スキンも新しいしね。

この時間、先行する者の足跡は狐のものが一つだけ・・・
b0062024_15234791.jpg















b0062024_15235188.jpg













冬らしくていい景色だね。
b0062024_15235595.jpg












緩斜面を終えて九十九折のところまで登ってくると白毛門が良く見えるが、どんどん天候が悪化してきている。
やっぱりね~~
この辺てこういうのが多いんだよな・・・
b0062024_15235901.jpg













や~~~・・・やっとここまで登ってきた。
人からよく「そんなこと無いですよ」と言われるんだが、己が一番よく分かる。
情けないが体力の低下は認めざるを得ない。
b0062024_15240210.jpg










トップまで登ると風がすごい。
直下で風を避けながら準備完了。

いざ手作りのスノーボードで滑り始めると、最初は予想していたより板が硬いのに驚いたのだが、それは直ぐに慣れた。
先シーズン使っていたJones のULTRA SPLITはパックされたスティープな斜面だとパタパタすることがあったけど、この硬さがあればパタつきが無いかもしれない。

まだ雪が少なく、植栽も目立つので尚更コースが狭く感じたので怖かったけど、広いオープンバーンを思いっきり滑ればまた違う感想になるかもしれない。
自分で作った板で滑る、というところにまた特別な思いがあるんだけど、「自分で作った板で雪の上を滑れるんだ」ということに感動を新たにした。
これは作った者にしかわからない感動だろうなぁ。

ま、こんな雪の上を滑ってしまったので「傷」も初日につけてしまったけど、なんとも幸せ感満腹な一日であった。

下山後はいつもの「あしま園」にて「いつもの」コロッケ定食。
腹も満腹の一日でした。









by sakusaku_fukafuka | 2017-11-24 16:14 | 2018 雪山三昧 前期 | Comments(0)