鳥海山BC

さて・・・・・・・

前半と後半に分かれた今年のGW。

後半は天気が崩れそうだが前半はけっこう良さそう。

東北では鳥海山、月山、石転び沢・・・
北アルプスなら久しぶりの槍ヶ岳かな、なんて色々考えていたんだがRyonからのお誘いで「鳥海山」に決定。

でも、遠いんだよね~~~

新潟で待ち合わせ、Ryonたちの車一台に乗り合わせて我々3名の班はそのまま祓川(はらいがわ)フュッテへ向かう。

もう一斑も同様待ち合わせて車一台で祓川へ向かうとのこと。

午前4時前に到着。
運転をYasuさんに任せっぱなしで途中からウトウト・・・・・・
気がついたら祓川フュッテ駐車場に着いていた。

この時期午前4時といえば空が白んでくるのはもうすぐだ。
先に到着していた人たちが車のドアを開け閉めする音や、次々とやってくる車のエンジン音で熟睡はできないまま5時を回り、それではと出発の準備。

車から出ると風が強く気温も低い。
向かいにもう一班の車も到着していた。

積雪と除雪の関係で駐車場のスペースはフルに使えない。
空いているところもあるにはあるが、残ったスペースに駐車するのはかなりテクニックが要る。
駐車を試みたが諦めて下の駐車場へ下る車も多くある。

そんな中、準備を終えて6:22分山頂へ向けて出発。
(画像をクリックで拡大します)
b0062024_23115851.jpg














祓川フュッテと『鳥海山』。
写真ではなかなか伝わらないが、大きい山容に圧倒される。
2年ほど前の夏に鉾立山荘から登ったことがあるが、BCが目的の今回は祓川側から山頂(山頂といっても新山ではなく七高山)目指す。
b0062024_00301166.jpg













谷川辺りは雪が少なかったが、こちらは今年は多いらしい。
b0062024_00321342.jpg












風が強いが、この辺ではまだ暑い。
一枚脱いで(俺は半そで)で登攀。
b0062024_00323034.jpg















や~~~まだ歩き始めたばかりとはいえ、なかなか景色が変わらんです(笑)
b0062024_00324205.jpg














歩き始めて約2時間。
徐々に傾斜がきつくなってくる。
さて、シールでどこまで登れるか。。。
b0062024_00330300.jpg













延々と登りが続くような気がしてくるね。
b0062024_23195883.jpg













ここ鳥海山の、というか、この辺のスノーボーダーのスタイルなんだろうか?
板に紐をつけて引っ張って登っているライダーが殆どだが、担ぐスタイルに比べたら風に煽られにくいので楽であることは理解できるが、はて、どうなんだろうな?

下の写真のライダーさんたちは細めでも、紐「二本」で引っ張っていたので最初疑問を持たなかったのだが、ここからもうちょっと登ったところで見かけたライダーは紐が一本なのである。
ま、めったなことでは切れることは無いのだろうが、もし、アクシデントで紐が切れたり外れたりして板が流れたら、下に居る人にとっては相当危険だぜ。

ここのライダーさんたちは「もし、紐が切れたら」とか考えないのだろうか・・・・・
俺個人的な考えだけど、たとえ紐が一本でも、二本でも、下から登ってくる人、下山して行く人の安全を考えたらこういうスタイルは如何なものか、と思ったのである。

俺、心の中で「流れて来ませんように」なんて祈りながら登ったもんね。
怖いよ!
b0062024_23410918.jpg













さて、標高が上がってくると風の強さが半端じゃなくなってきた。
融けて固まったシャーベットの表面が強風で剥ぎ取られ、とんでもないスピードで叩きつけてくる。
痛いの何のって・・・・・・・
b0062024_23200264.jpg











出発して3時間を回った。
下を俯瞰すると、すごい人数のライダーたちが登ってくる。


b0062024_00353932.jpg












b0062024_00354239.jpg












ハイ松の陰を借りて休憩。
ちょっとエナジー補給でっす。
b0062024_23462313.jpg












どんどん傾斜がきつくなってくる。
でも、シールで頑張るぜ!!
b0062024_23482929.jpg














や~~~流石にGW.

どんどん登ってくるぜ!
b0062024_00373710.jpg












急登もシールで直登して11時、山頂到着。
ここは外輪山のトップ『七高山』(2,229m)
b0062024_23585215.jpg













七高山から新山(奥)を望む。
夏に登ったのが懐かしい。
b0062024_23585724.jpg














外輪山
b0062024_23590096.jpg













ランチと滑る準備をしながら俯瞰すると、まだまだ相当数の人が登ってくる。

b0062024_00405462.jpg











b0062024_00012992.jpg












ここでサプライズ!!

お互い顔を見合わせてポカンと口を開けて互いを指差すように驚きの声を上げた・・・・・・
何と、こんなところで偶然お会いしたのは常吉さん。
俺と同様、いつものお仲間さんたちと東北行脚。
懐かしいね~~~・・・
しばし歓談。

記念撮影のお仲間に入れていただきました。
b0062024_00375949.jpg











で、ついでに我々のグループのシャッターも押していただきました。
b0062024_00380261.jpg












またの再会を誓い合ってそれぞれドロップして行きました。

コースを読んでる常吉さん。
オレンジが映えてます。
格好いいですね~。
b0062024_00072986.jpg

b0062024_00073686.jpg

b0062024_00073935.jpg

b0062024_00074488.jpg












次は我々もドロップイン。
我輩が先に滑って撮影することに・・・

Yasu さん。
(人が多すぎてこの位置からだと溶け込んじゃってわかりません)
b0062024_00095018.jpg












一時期は憧れたテレマークスタイル。
格好いいね~~
b0062024_00103212.jpg


b0062024_00103587.jpg












Julie
b0062024_00411221.jpg











b0062024_00123662.jpg













Ryon
b0062024_00130979.jpg














b0062024_00131257.jpg













TAKA
b0062024_00133525.jpg












b0062024_00133932.jpg












常吉さん
b0062024_00141008.jpg











滑り終えて記念撮影。
強風に翻弄されたけど、でも、いい一日だったね。
皆さん、お疲れ様。


b0062024_00151668.jpg










帰り支度をしながら、撮影。
けっこうな積雪です。

関東は雪が少なかったけど、こちら東北は多かったというのがよくわかる。
b0062024_00163593.jpg












下界に降りると風も無く初夏の陽気。
郷から眺める鳥海山が素敵でした。
b0062024_00222716.jpg













帰りはやっぱり定番の温泉。
秋田県側の『にかほ市温泉保養センター はまなす』でのんびり過ごした。
b0062024_00261585.jpg
さて、これで今シーズン滑り納め?
まだまだ続く?

決めかねてます。
優柔不断だね(笑)

D画追加(5月4日)


by sakusaku_fukafuka | 2018-05-01 00:27 | 2018 雪山三昧 後期 | Comments(4)

Commented by jn_sit at 2018-05-01 15:02 x
こんにちは。
FKZさんたちも行かれていたのですね。
しかも常吉さんたちとピークで再会とは!!
私たちは土曜は観光、日月の2日間大平山荘の方から登りました。
マー君の地元ということもあり初めて鳥海山へ行きました。
毎日この山を見て育ったんだななどと思いを馳せてみました。

GW後半は悩ましい天気予報ですね。
少しでも好転すると良いですね。
Commented by sakusaku_fukafuka at 2018-05-01 15:20
>jn-sitさん、コメントありがとうざいます。
皆さんも行かれてたんですね。
夏は鉾立から登っていましたが、滑るのはグルッと回り込んだ祓川ヒュッテ側からにしました。

祓川ヒュッテ側は風が強くて閉口しましたけど、でも楽しかったですよ。
そちらは風はどうでしたか?

サプライズもあって、まさかの常吉さんとの再会がありました。
嬉しい驚き、でしたね。
本当に後半のGWは微妙な天気で予定を立てづらい予報になってますね。
さて、どうしよう、といったところです。
好転するといいですね。
楽しんでください!!
Commented by 常吉 at 2018-05-05 21:47 x
sakusaku_fukafukaさん、

いやぁ、お互いアウェイの東北の地での再会、本当にびっくりしました。これが黒部ならすぐに分かるのですが、山頂でお会いした時は一瞬理解できずすぐには言葉が出ませんでした。

そして沢山の素晴らしい写真ありがとうございました。とてもいい思い出になります。

我々はあれから秋田駒、八甲田を滑って観光をしながら昨日ようやく帰宅しました。気の合う仲間たちとのとても楽しい長旅でしたがやはり黒部の達成感と比べると…。これから1年トレーニングを積んで来年はまた黒部かな、なんて想いが首をもたげてきました。
Commented by sakusaku_fukafuka at 2018-05-05 22:10
>常吉さん、コメントありがとうございます。
や~、本当ですね。
最初お見かけしたとき「ん?」まさかここに居るはずが?
なんて思っちゃいました。
東北、やっぱり遠いですね。
皆さん、あの後まだまだ楽しまれたのですね。
でも、常吉さんの周りにも良いお仲間が大勢いていいですね。
我輩は長期が無理なので、鳥海一日が精一杯でしたけど、仲間たちとワイワイ賑やかに楽しい山行でした。
黒部周辺でお会いできないときは東北でも会えちゃう(笑)
とても嬉しいサプライズでした。
写真のデータは近々何らかの形でお渡ししたいと思います。