スマホを換えた

SAMSUNG の GALAXY というスマートホンを初めて手にしたのは2010年頃?
iPhone じゃないとスマホじゃない、なんて怪しからんことを言う族までいたが、アンチiPhone派の我輩はそんなことなんぞ意に介せずAndroid端末のGALAXY。
早めの予約を済ませておいた我輩は難なく発売日にGALAXYを手にしたが、その後の人はAndroid端末のGALAXYも予約待ちでなかなか手に入らなかったらしい。

それからGALAXY Note そして三台目以降はSONY のXperiaにしたが、それも昨日購入したXperia XZ2 SO04K がXperia 三代目となった。

予約してから約一ヶ月、やっと一昨日発売日となった。
本当は二代目のXperiaをもっと長く使うつもりでいたのだが、不本意ながら最近挙動不審が相次いでいた。
指紋認証を設定していたのだが、指紋認証といってもPWと併用で、時々本人確認のためのPWを求めてくる。
その時もPWを求められて、入力欄にPWを入力始めたのだが、最初の二文字くらいを入力したら、そのあとが問題で、指も触れてないのに勝手に※印が入力数限界になるまで入力される始末。
それもすごい勢いで入力されていくので、途中で止められない・・・・・・
ようするに、スマートホンに全くログインできないのである(泣)。

他には、電池の消耗を防ぐために、使っていないときはスリープ状態になるはずなのに、勝手に液晶のバックライトが点いて誤動作を繰り返す・・・・・・
挙句の果てに火傷するくらい熱を発し、ポケットに入れて置けなくなる。

たまたま、挙動不審が収まったときがあって、そのときにやっとスマホにログインでき、指紋認証を解除。
XPERIA XZ2 Premium SO-04K発売日の昨日まで騙し騙し使ってきた。

思えば、挙動不審が始まったのが丁度二年縛りが終わって二ヶ月が過ぎたころなので、これって、もしかしたら使用期間が二年を過ぎる頃に、ユーザーが買い換えたくなるよう「バグがでるようなプログラム」が組み込まれているんじゃない?と疑いたくなったよね(笑)
時計、カレンダーも内蔵されているんだから、プログラマーにしてみたら「二年を経過したら壊れる」、こんなプログラムを組み込むことくらい朝飯前だよな。

でも、ま、電池の消耗も顕著だったので、致し方なく買い換えることと相成った。




スマホの機能も日進月歩。
初めてスマホを手にした頃から比べたら、その進化は目を奪うものがある。

XPERIA XZ2 Premium SO-04K のスペック。
CPU : 2.8GHz(クアッドコア)+1.8GHz(クアッドコア)オクタコア
電池容量 :3400mAh(内蔵電池)
ディスプレイ:5.8インチ
OS : Android 8.0
※内臓メモリ :RAM 6GB / ROM 64GB(4K動画が撮影できるのだからROMは本当は128GBは欲しかったけど、この点はMicro SDXCカードを128GB=高かった~~(笑) にしたのでOK)
カメラ機能も高機能になったけど、ま、本格的な撮影は一眼レフなので、あまり期待はしていない(笑)
でも、RAM が6GBあるのはありがたい、サクサク動く。
ROMも内臓の64GB(OSやプリインストールされているアプリなどがある程度占有しているからフルで64GB無いけど)+128GB(Micro SDXCカード)あるので、単純に使用できるStorage は192GB 近くはある。
ま、十分でしょ。

iPhone の素晴らしさは認めるのだが、iPhone を使いこなすにはPCに iTunes を入れておかなければならないし、データの移行を含めた端末の管理はiTunesを介さなければならないのが面倒で、我輩がアンチiPhone派なのはこれが最も大きい理由の一つ。
我輩にはiPhone のステイタスは不要だし(笑)

iPhoneのROM容量は端末で最大容量が決まってしまい増設などは不可能だが、その点、Android端末はMicro SDカードが使えるので(Micro SDXC 最大400GBまで可)、端末のROM容量が小さくてもMicro SDカードで補える。
データの移行もMicro SDカードに直接書き込めるし、移行もできる。
また端末を直接PCに接続しても端末のデータにダイレクトにアクセスできる。
(余分なiTunes のようなアプリを経由しなくても可能)

旧端末から新端末へのデータの移行も終了。
端末も¥11万2572円とけっこう高価。
二年縛りがあるから実際はもうちょっと低いけど、それでもね~~~
二年以上は使いたいよね。
b0062024_08073413.jpg



by sakusaku_fukafuka | 2018-07-29 08:08 | ほか・生活風景 | Comments(0)