照葉峡

台風25号の影響がまだ残っていて生憎の小雨だったのだが、関東の奥入瀬とも言われている群馬みなかみ町の紅葉の名所「照葉峡」へ紅葉の進み具合を見に行ってきた。
晴れていたほうが紅葉も際立って美しいのだが、ここはもともと陽が当たりにくい場所。
雨でもしっとりしていていいのではないだろうか。

照葉峡は標高差があるので、下部は色づき始めたところだが上部は最盛期。
坤六峠付近は散り始めていた。
(画像をクリックで拡大します)
b0062024_07341502.jpg














小雨なので、一度三脚を立てに行ってからカメラを取りに戻り、傘をさしながらカメラをセット。
雨粒は心配したほど写りこんでない。
水に浮いた落ち葉がくるくると回っている。
レンズにND8を取り付けて長時間露光を複数重ねる。(でも、ちょっと重ねすぎ 笑)
渦巻き模様は落ち葉の軌跡。
b0062024_07400798.jpg













もみじが丁度いい感じ。
b0062024_07414359.jpg















「不断の滝」
b0062024_07435246.jpg
















長靴を持ってきてよかった。
川の中に入って撮影。
b0062024_07471620.jpg














このあたりまで登ってくるとかなり色づいている。
b0062024_07513286.jpg
RAWで撮影してあるので、現像処理がなかなか面倒だ。
とりあえずここまで(笑)

by sakusaku_fukafuka | 2018-10-08 07:53 | 2018 無雪期登山 | Comments(0)