2009年 07月 06日 ( 1 )

谷川連峰馬蹄形縦走 #6

思い出のトレイルを辿る

谷川連峰馬蹄形縦走

夜明け


周囲からは、まだ『いびき』 が聞こえる。
3:00 起床。
周囲に気遣いながら小屋の布団を整理し、外に出る。
外は雲間から星が見える程度の天気。
外に出てからパッキングをし直し、 3:20am 蓬峠を出発。
武能岳から夜明けを見る予定。
この時間の登山道は夜露で濡れて歩きにくいことが多いが、若干ズボンが濡れる程度なのでホっとした。
長いトレイルを見渡しても、他にヘッドランプの明かりらしいものは見えない。
この時間に縦走路を歩いているのは自分だけらしい。

蓬峠を出発してから、一時間弱。
西に関越自動車道の土樽Pが見える。
長玉で引っ張る。

b0062024_5352813.jpg


だいぶ白々としてきて、振り返ると蓬フュッテが見える。
b0062024_53729100.jpg


一時間かからないで武能岳に着いた。
一ノ倉岳、茂倉岳を望む。

b0062024_5423059.jpg


三脚をセットし、ここで夜明けを待つことにした。
湯檜曽側沿いに出発地点が見える。

b0062024_5433873.jpg

b0062024_543507.jpg


笹平から茂倉岳へ向かうトレイル。
今回の馬蹄型縦走の最後の長い登りだ。

b0062024_5482347.jpg


東の空がオレンジ色に染まりだした。
夜明け間近。

b0062024_551031.jpg

b0062024_5513576.jpg

b0062024_5515036.jpg


ジャンクションピーク辺りから登ってくるようだが、残念ながら雲に邪魔をされてまん丸朝日は望めなかった。
b0062024_5533036.jpg


オレンジ色のグラデーションが峰峰を包み込む。
b0062024_5543126.jpg


谷川岳・東尾根
b0062024_5552461.jpg


蓬峠から望む武能岳は女性的な山容だが、南面は蓬峠からは想像できないくらいの荒々しさだ。
武能岳より深く抉れた檜又谷を見下ろす。

b0062024_622634.jpg


朝日が昇りきり、やわらかい朝の陽光が谷川連峰の東面を照らし出す。
茂倉岳へ向かうトレイルもはっきり見えてきた。

b0062024_645057.jpg


西に連なる縦走路。
平標山まで望める。

b0062024_664029.jpg

b0062024_665027.jpg


万太郎山
b0062024_674775.jpg


仙ノ倉山(左)と平標山
b0062024_68281.jpg



by sakusaku_fukafuka | 2009-07-06 06:12 | 2009 谷川連峰馬蹄形縦走 | Comments(8)