2009年 07月 08日 ( 1 )

谷川連峰馬蹄形縦走 #7

思い出のトレイルを辿る

谷川連峰馬蹄形縦走


(画像をクリックで拡大します)
熊笹に覆われた谷川連峰の峰々を、稜線から顔を出した朝日がオレンジ色の絵の具を混ぜるように染めていく。
b0062024_6401183.jpg


夕暮れ時、人の顔を見分け難くなった時分を《誰そ、彼は》黄昏たそがれ(どき)というが、早朝のこの時分を《彼は、誰》《かわたれどき》という。

静寂に包まれた武能岳の山頂で、オレンジ色のグラデーションに染まっていく《かわたれどき》の美しい景色に独り見入る。
b0062024_6451714.jpg


長玉にて大源太山を引っ張る。
b0062024_653641.jpg


一晩お世話になった蓬フュッテも、徐々に朝日に包まれる。
b0062024_654355.jpg

b0062024_6541497.jpg


東尾根と、これから目指すオキノ耳の稜線。
b0062024_6552316.jpg


白毛門、上州武尊山遠望。そして出発した土合を俯瞰。
b0062024_6594191.jpg

b0062024_6595285.jpg


武能岳と茂倉岳を結ぶ鞍部、笹平。
b0062024_705992.jpg


武能岳からの景観を楽しんだら、このルートの最後の長い登り、茂倉岳へ向かって出発。
しばらくは蓬峠も見えなくなる。5:10 am

b0062024_732618.jpg


コバイケイソウの新芽だろうか・・・・・・・
b0062024_75866.jpg


熊笹が朝日に輝いて美しい。
b0062024_754925.jpg


冬の滑降時、この沢の最も危険な箇所、S字を見下ろす。
デブリの溜り場だけあって、まだずいぶん雪渓が残っている。

b0062024_7181359.jpg

b0062024_7194616.jpg


 前日歩いた対岸から見るとこんな感じ
b0062024_7205160.jpg

by sakusaku_fukafuka | 2009-07-08 07:38 | 2009 谷川連峰馬蹄形縦走 | Comments(8)