カテゴリ:未分類( 236 )

戻った。

b0062024_7101957.jpg

昨日真っ白になった谷川岳も、また春の雪解け山に戻った。

by sakusaku_fukafuka | 2018-05-12 07:10 | Comments(0)

2019シーズン始まり?

b0062024_7131133.jpg

昨日、一昨日と冬物を着込むくらい寒かった。

今朝、出勤がてら谷川岳を望むと新雪で覆われていた。
道理で寒かったわけだ。

今から2019シーズンが待ち遠しい(笑)

by sakusaku_fukafuka | 2018-05-11 07:13 | Comments(0)

晴れた

b0062024_7352683.jpg

久しぶりの快晴、というか、今朝は谷川岳がちゃんと見えた。

すっかり雪が解けちゃったなー。

by sakusaku_fukafuka | 2018-04-19 07:35 | Comments(0)

明日本番

b0062024_18594859.jpg

明日のWinter Concert本番へ向けて最終練習。

by sakusaku_fukafuka | 2018-02-11 18:59 | Comments(0)

マー君葬儀 / 偲ぶ会

昨日、北アルプス小蓮華山に散った友人「マー君」の葬儀と「マー君を偲ぶ会」が行われた。

近しい人、そして趣味を通じた仲間たちのみでしめやかに行われた告別式。
これだけ大勢の友人たちに見送られて、生前のマー君がどれだけ仲間たちから慕われていたか、改めて思う。

友人が一同に会して記念撮影。
「マー君、これだけ慕われてたんだよ!!」
(奥様の許可をもらって集合写真を掲載しました)
b0062024_18590483.jpeg













告別式の後は「マー君を偲ぶ会」
こーいうの、いいよね・・・湿っぽくなくて。
b0062024_18542939.jpg











お仲間の赤ちゃん。
b0062024_18542584.jpg












お父さん愛用だった形見のサングラスをかけて、せいいっぱい明るくふるまってる娘さん。
こんな小さなお子さんたちを残して行っちゃったんだけど、マー君、二人のお子さんの成長を遠くから見守っていて上げてちょうだいよ!

b0062024_18561096.jpg
さて、いつまでも悲しんでいられない。

「マー君、みんなでマー君の分まで滑るよ!!」


by sakusaku_fukafuka | 2018-01-27 19:07 | Comments(0)

訃報の知らせ入る

私と良く似たスタイルで山に臨んできたBC仲間の一人の訃報が入った。
白馬エリア、小蓮華山にて雪崩に巻き込まれた。
同行していた仲間たちから救出されたときは心配停止の状態で、その後救出の甲斐もなく死亡が確認されたとのこと。

今年の元旦には一緒に山を滑った仲間の突然の訃報に呆然とするのみで、今日は何も手につかない。
今は何の言葉も思いつかず、ただ、ただ、ただ、ご冥福を祈るのみ。

やすらかなれ。







by sakusaku_fukafuka | 2018-01-21 22:14 | Comments(4)

Band Festival

今日は Band Festival。
わがWind Orchestra が主催で毎年市内の小・中・高等学校の吹奏楽部を集めてフェスティバルを開催している。
今日はその27回目の開催日。
各団体が2曲から3曲演奏するのだが、団体の交代の度に椅子や譜面台の出し入れが大変。
自分の団体は最後の演奏なのだが、その直前まで裏方に徹します。

フェスティバルも順調に進んでいく中で、稀にアクシデントが起きることもある。
今日はある小学校の吹奏楽部のエレキベースがジャックの不具合で音がでなくなるアクシデント。
急遽私のエレキベースをお貸しすることになったのであるが、私のエレキベースはロングスケール。
彼女たちが使っているショートスケールのエレキベースよりフレットにして二つ分くらい長い。
小さな体で無理かな、と思ったのであるが、見事弾きこなしていたのに驚いた。
b0062024_00064203.jpg
b0062024_00063798.jpg















フェスティバルが終わった後は我々の二月に開催するWinter concert のゲネプロ。
や~~さすがに疲れた一日だった。

b0062024_00100212.jpg



by sakusaku_fukafuka | 2018-01-21 00:10 | Comments(0)

滑るところが無い

9日ころに降った雨は谷川エリアだけでは無さそうだ。
10日のマチガはカリカリで散々だったので今日は巻機山、平標山の取り付きの下見と土樽、毛渡橋の様子見に行った。

巻機山は昨日の天気予報だとけっこう良さそうだったのだが、現地に到着してみるとけっこうな降り。
ハイクは諦めた。

国道17号を戻って火打ち峠に車を停め、平標山のヤカイ沢の藪がどのくらい埋まったのか下見に行くことにした。
火打ち峠は満天の星。
シール歩行で歩き始めるとすぐに夜が明けてきた。
二居川の橋を渡ってしばらく進み、いつものところから杉林にはいるも、雪面はカリカリ・・・・・・

水源地に向かう道があるので、道沿いは藪も薄くなんとか滑れそう。
b0062024_14044834.jpg












水源地
まだ埋まっていない。
b0062024_14045106.jpg













最近平標山は人気の山だから滑ったあとはけっこうあるけど、やっぱりまだ濃いね~~~
とても快適とは言えないわ。
b0062024_14045496.jpg












もうちょっと上まで行ってみるか・・・・・・・
それにしても硬い。
うっすらと乗っかった雪の下にレインクラスとがある。
b0062024_14045780.jpg














ま、今回はここいら辺りで止めておこう。
上まで行っても百害あって一利なし。
積雪2cmといったところかな(笑)
中指の第一関節が埋まりきらないもんね。
b0062024_14121714.jpg













いざ藪の中を滑り出すとアイスバーンなので怖い怖い・・・・・・

で、時間が余りあるので土樽まで戻って毛渡橋のところの様子を見る。
だいぶ雪は積もってはきているが、まだまだ少ないね。
これだと毛渡沢の仙ノ倉山谷を渡れないかもしれないな。
b0062024_14050667.jpg












ちなみに土樽の除雪終点はこんな感じ。
b0062024_14050354.jpg

や~~雨は困るなぁ・・・・・・どこもカリカリで楽しく滑れるところが無いもんねぇ。
次の寒波はいつくるの?

で、平標山ヤカイ沢から車を置いた除雪スペースにもどったら、なんと「うんこ」が・・・・
誰だよ~ こんなところに「うんこ」したのは・・・
歩くときは暗くて分からなかったけど・・・・・・出発するときに踏まなくて良かったよ。
国道17号を二居の方へ少し走ればトラックステーションのトイレがあるのに、こういう人って自分のことしか考えてないよね。
それも、二箇所も・・・・・・うっかり踏みそうになったぜ。
こういう人がBCやる仲間とは思いたくないね。

by sakusaku_fukafuka | 2018-01-12 14:18 | Comments(0)

サンライズライド Solo

成人の日、今期二度目のサンライズライドをやってきた。
一度目は悪天候に阻まれ悔しい思いをしたが、今回は多少サンライズらしくなったかも・・・・・・
しかし、折から天候は下り坂。
TVの天気予報では「大荒れ」の予報。
それでも7時頃まではお174.pngマークがある。
知人のお天気お姉さんに確認したらやはり「早朝は良いが、すぐに崩れる」とのこと。
深夜出発すれば天気が崩れる前に滑れるかも・・・

ということで、ちょっと早めの2:00 am 出発。
今夜は月(半月)が出ていてヘッドランプ無しでも歩けるので、稜線に出るまではヘッデン無しで歩いた。
月明かりで山頂も何とか見える。
このまま天候が持って欲しい、と祈りながら登る。
(画像をクリックで拡大します)
b0062024_10105655.jpg











トレースがあった方が歩きやすいのは人間だけではなさそうだ(笑)
b0062024_10110031.jpg













後ろを振り返ると、二名かな?・・・・・ヘッドランプの灯りが見える。(白丸の中)
後続でだれかが登ってくるみたい。
b0062024_10411751.jpg














稜線に出ると街の明かりが見えてくる。
b0062024_10110535.jpg












稜線に出ると強風域。
一枚着込まないと寒さに耐えられない。

6:04 am
四ノ沢ドロップポイントに到着。
でも、四ノ沢は5日に滑っているので今日は南面を滑る。

日の出まではまだ時間があるので、一旦肩の小屋に移動して風を避けながら準備する。
肩の小屋で約40分準備と休憩。
b0062024_10262575.jpg















外に出ると東の空が赤く染まってきた。
b0062024_10111592.jpg













尾瀬方面。
b0062024_10112026.jpg












ん~~~~~・・・・・・・・・
日の出の方向に怪しい雲が出てきた。
これじゃ真っ赤に染まるのは無理っぽいな。
b0062024_10112591.jpg












これだと山頂も染まらない・・・・・・・
b0062024_10113052.jpg











浅間山に朝日が当たってきたが、運悪く雲が邪魔をしてこちら谷川には朝日があたらない・・・・・・・
b0062024_10113466.jpg













諦めて滑走準備に入る。
b0062024_10114261.jpg










いざ滑り出すと光量不足で雪面の起伏が全くわからん・・・・・・
ま、待っていても天候の回復は期待できないので、今回はこれで滑走に入る。


by sakusaku_fukafuka | 2018-01-08 10:23 | Comments(0)

Four

1月5日、今シーズン初マチガ。

昨日WVで意気投合して一緒に滑った「ゆう太郎君」(女の子)が車泊でまだこの辺りにいる、ということで「じゃ、谷川行く?」と聞いたら即「行きたい」とのこと。
滑りはうまいし、アバランチビーコンも含めて山道具一式持ってきているということだったので、あの滑りだったらマチガも問題ないでしょ、ということで一緒に行くことになった。


年末からずっと降り続いていた雪も5日だけは良さそう。
スマホのお天気アプリを見てみると晴れ間がある。

道すがら谷川岳を見ると山頂まで見渡せる。
(画像をクリックで拡大します)
b0062024_10424586.jpg










これなら終日大丈夫かな・・・・・・・

水紀行館のPで車泊している「ゆう太郎」君と落ち合い、ベースプラザへ。
途中土合から山頂を望む。
b0062024_10424856.jpg










平日とはいえ次の三連休明けまで休みの会社も多いのだろう。
ベースプラザはライダーも多く、早くから番取りの板が並んだ。
b0062024_10425101.jpg












今日は「ゆう太郎君」がいるので、俺としてはホントに珍しくゲレンデチケットを購入。
リフト降り場で行き会ったjnsitさんからも「ゲレンデ回してるなんて珍しいですね」と言われた。(笑)

今日はシーズン初、ベースプラザで一緒になったkwsw氏とも合流。
一緒に登ることに・・・

数本回しただろうか・・・
ゲレンデは早くも食い尽くされた。
天神峠から望むと冬道トレースも伸び始めてるのでハイクをすることに・・・
b0062024_10425334.jpg











さっきリフト降り場から駆け抜けるように滑り降りていった「N」さん。
いつも驚き、だけど歩くの速いね~~~・・・・・・
もう歩き始めてるもんね。

b0062024_10532969.jpg













で、我々も準備開始。
今日の板は『スプリット・オキノ耳』

b0062024_10425774.jpg













ずっと降り続いていたのでさぞかし深いんだろうな、と思ったらそうでもない・・・
ま、歩くのには有難いけどね。
b0062024_10430203.jpg













やっと熊笹も埋まって岩を除けばホントに真っ白になった。
b0062024_10430531.jpg














俎嵓もいい感じ。
b0062024_10555606.jpg












急がず、慌てず、のんびり・・・
b0062024_10560154.jpg










ゆう太郎君、いい笑顔だねぇ。
天気いいもんね。
b0062024_10560883.jpg













やっと肩の広場。
b0062024_10561386.jpg












肩の広場を過ぎ、天神ザンゲ岩までやってくる頃、西からイヤな雲がやってくる。
またパターンAかな、と思うとちょっと気持ちが焦るよね。

ゆう太郎君は谷川岳が初めてなので山頂まで記念登頂しようか、と考えていたんだが、怪しい雲が来ているのでそれは中止。
ドロップポイントに直行。

ポイントでは先行していたkwsw氏とピットチェックをやっていたスキーヤー、そして女性Soloでマチガを滑ろうとやってきていたスノーボーダー。
そして今到着した我々二人。

スキーヤーが最初に滑り、二番目に女性ライダー。
あ、もしこのブログ見ていたらlこんな写真で良ければ写真提供しますので、連絡ください。
b0062024_10561641.jpg












kwsw氏
b0062024_10562005.jpg










ゆう太郎君
b0062024_11044120.jpg












何箇所かクラックがあったのを除けばまずまず。
パックされて固めの雪だったけど、ま、ここはこういうのが多いもんね。

b0062024_11044524.jpg









b0062024_11044729.jpg










「S字」の下部は時々「ガツ!」と隠れデブリにソールが当たるが、楽しい。
藪も所々濃いが難なく国道291まで滑って出られる。
b0062024_11045427.jpg












ギリギリガスに巻かれる前に滑り降りられた。
今シーズン初四ノ沢、良かったです。

by sakusaku_fukafuka | 2018-01-06 11:08 | Comments(0)