プローブ買い替え

Black Diamond : Quick Draw Probe / CARBON 320

プローブの長さは様々あって、値段も反映されるようで凡そ1mの違いがある。
自分の持っていたプローブの長さは240cm
先日の行方不明者の捜索に加わって実感したのは埋没の深さであった。
自分の持っている240cmのプローブではギリギリの深さ。
もし埋没者がスキーを履いていなく、身体が横たわっていたとしたら埋没点まで届かなかったかもしれない。

その反省から今回プローブを最も長い320cmに買い換えることにした。
(これより若干長いものもあるようだが)
同じ長さだとアルミ合金の方が安いのだが、軽さを重視して少々高価になるがカーボン製にした。

三種の神器(アバランチ・ビーコン、ショベル、プローブ)、中でも特にアバランチ・ビーコンは高価だ。
使うことがあってはいけない装備にお金をかけたくないのは人情だが、やはりそこは山に入る以上は最低限の必携の装備。

改めて、「これ」を使うことが無いよう願いつつバックパックに入れた。


b0062024_11031946.jpg

by sakusaku_fukafuka | 2019-02-02 11:04 | 2019 雪山三昧 前期 | Comments(0)

動き出さねば・・・・・・・

まだ先日の記憶が生々しいが動き出さねば。

昨日もけっこうな量が降っているはず。
SKZW君とかねてから約束していた今日(30日)、トップからのライディングは取り止め登攀に時間はかかるが、いつもの支稜から滑ることにした。

やはり吹き溜まりはかなり深かったが、稜線に出ると風で叩かれシュカブラのオンパレードでかなり歩きにくい。

今日は天気も良く暖かい。
先日見たときは、かじかむように寒さをしのいでいたシャクナゲも今日はいくぶん葉を広げ、束の間陽の光を楽しんでいるように見える。
b0062024_11312198.jpg













ここはこの稜線上で最も好きな場所。
何年か前、ブナにとまったアカゲラをみつけ、観察しながら休憩したのを思い出す。
b0062024_11340277.jpg














今日は暑い!
こういう天気の日は必ず持参するコカコーラを忘れたので、ブナの枝に降り積もった雪から滴り落ちる水で喉を潤した。
b0062024_11355725.jpg













エントリーポイントも近づいてきた。
北面に回りこむとかなり硬い。
楽しみにしてきただけにちょっとがっかり。
スプリットもエッジが利かずにズルズルと滑る。
急斜面の登攀に耐えられなくなってきてクランポンを装着。
b0062024_11380114.jpg













ブローホールを見つけて準備&休憩。
いつもなら「ヒャッホー」という気持ち良さそうな雄叫びが聞こえるのだが、ライダーの姿をボトムに見かけるものの雄叫びは聞こえない。
BPに戻って滑った仲間の話を聞くと「硬かったー・・・あまり良くなかった」とのこと。
静かだった理由がわかった(笑)

b0062024_11385130.jpg













13:03 ドロップイン。
ボトムにMACHIGAを滑ってくるライダーの居ないことを確認してGO!
b0062024_11401450.jpg














SKZW君の滑ったところはそれほど苦にならなかったようだが、俺が落としたところは固く、氷の塊のようなものさえガツンとソールをかすめた。
飛ばされて転倒。

ちょっと不完全燃焼気味でこの日のライディング終了。
いつもの山を見上げて休憩。
BPへ戻る。
b0062024_11462248.jpg


by sakusaku_fukafuka | 2019-01-31 11:46 | 2019 雪山三昧 前期 | Comments(0)

や~~良く降ったね

まぁ良く降るわ降るわ・・・
里でも30cmくらいは降ったね。
まだ車が一台も走ってない時刻に走ったら、車のバンパー辺りでで巻き上げた雪が視界を塞いで前が見えなくなるくらい。

こりゃー予報通りで山はだめだね。
昨日のニュースでは登山者が雪崩れに巻き込まれて遭難しているみたいだし・・・・・

ということで頭に浮かぶのは・・・・・・WVしかないよなー。

で、行ってみると予想通りすっごい車と人。
これじゃPowder Snowはすぐに終わっちゃうね(笑)


底突きは全く無し。
でも、ちょっと深すぎっていうところかな・・・


これだけ人がいたら直ぐに食い尽くされちゃうよね。
3本で終わり(笑)
レストランでコーヒーを飲んでいたらjinsitさんも上がってきた様子。
2人でコーヒー2杯飲んで終了。


by sakusaku_fukafuka | 2019-01-27 14:59 | 2019 雪山三昧 前期 | Comments(0)

クロちゃんと久しぶりの再会

天候はあまり思わしくないのだが、SKZW君からのオファーで支稜をやることになった。
彼の見ている予報サイトだと午後から回復予報なんだそうで、ゆっくり登った方が良さそうなので8時待ち合わせ。

待ち合わせの頃はかなり強風が吹いていた。
様子を見ながらゆっくり準備。
出発の9時頃になると風もかなり収まってきた様子。

いきなりの急登に汗が噴出して一枚脱ぐ。
稜線付近にあるブナ。
倒れたブナがよりかかっているのだが、これだけ雪がかぶさっていると更に重いんだろうなー。
(画像をクリックで拡大します)
b0062024_21025684.jpg













b0062024_21030052.jpg













稜線に上がると風も殆ど吹いていず、ありがたい。
SKZW君が見つけたのは、なんと、あの『くろちゃん』。
(ここで良く行き会うので、俺が勝手にくろちゃん、と名づけて呼んでいる(笑))
やー・・・久しぶり。
今シーズン初めてだし、約一年ぶりの再会だな。
b0062024_21045869.jpg













あまりストレス与えると可哀想なので、今日はこれくらいの接近でツーショット(笑)。

くろちゃん、また会おうねー!!
b0062024_21062033.jpg















寒いのは人間だけじゃないんだよね。
(シャクナゲ)
b0062024_21080926.jpg














今日は深くてけっこう辛い。
登山者のトレースも全く無いので交代でラッセル。
b0062024_21092504.jpg














b0062024_21093697.jpg














やっとエントリーポイント付近。
深雪のお陰で前回より2時間近くオーバーしてるね。
b0062024_21110757.jpg













で、やっとドロップ。
b0062024_21112798.jpg












2/3くらいは良かったね~~~
深いけど斜度がいいのであまり気にならない。
でも、残りの1/3はガリガリ君。
ここにしては珍しくデブリがあった。

本流は一昨日MACHIGAを滑ったライダーが落としたデブリが出合付近まで押し寄せていて固まったデブリだらけで全く快適ではなかった。
稜線付近からここまで雪崩れが押し寄せてきたのは初めて見た。
ライダーさんが流されていくのを見た人もいたみたいだし、怪我もしていたみたいだ。

それを聞いているし、俺自信も一昨日はヒヤっとしたので、慎重になるよね。
b0062024_21193171.jpg




























後半はやはり藪漕ぎ。
でも、ルーファイさえ誤らなければ出合まで滑れるようになってきた。

本日も無事終了。
b0062024_21212200.jpg














by sakusaku_fukafuka | 2019-01-25 21:21 | 2019 雪山三昧 前期 | Comments(0)

美しかったけどヒヤッとした日

山が紅く染まるのを撮りたくて必死こいて登ったが、思いのほか深くて難儀した。
雪が締まっていれば出発時間は余裕のはずだったのだが、深雪ラッセルは杳として進まない。
日の出までに間に合わないかもと思った。

振り返ると真っ黒だった空はグラデーションに染まり始める。
気持ちは焦るが進まない。

でも、必死でラッセルしたお陰か何とか日の出前にカメラを出せた。
雪山が必ずこの色になってくれるとは限らないけど、山がこの色でいてくれるのはほんの1分くらいなんだよね。
(画像をクリックで拡大します)
b0062024_16412479.jpg













5分過ぎると↓こういう色になってくる。
ま、コレはこれでいいんだけど・・・・・・
b0062024_16421452.jpg












太陽がすっかり昇りきればこんな感じ。
やっぱり朝のほんの数分の間だけなんだよね~~
b0062024_16432005.jpg















b0062024_16434707.jpg














で、ラッセルなんだが、避難小屋までがきつかった。
小屋から先はいつものライダーさんたちのトレースがあったので所々使わせてもらったので助かった。
(ただ、スプリットは直登できないのでジグを切らざるを得ない)

左手に 俎嵓山稜を見ながら汗をかく。

b0062024_16464845.jpg













ここに来るまでにすでにバテてるんだがやっと今日のエントリーポイントに着いた。
RWも動き出したみたいで、けっこうな人数が歩き出してるのが見えた。

いざ滑り出してみると、すっげー重い。
深いから、っていうのもあるんだが湿っぽい雪なんだね。

で、Z沢に滑り込もうとしたとき「ピシ!!!」っとすっげー音がしたので急停止した。
何度も聞いた音。
持っていかれないように耐えるのが精一杯だったなー。
すごい量が落ちていった。
雪煙が一段落して下を見たら、柔らかい表面を全て持っていった。
数日前に里で雨だった日の名残なんだろう、ほとんどアイシーな面が出ちゃってる。
ターンするのが怖いくらいだもんね。
一度2~3回転したのでノドを過ぎるまで慎重にずらし、で降りることにした。
ノドを通過すると、かなり下までデブリが押しているのが見えたが、新しい面を滑るより落ちたばかりのデブリの上を滑る方が柔らかいのでボトムまでデブリを滑る。

b0062024_16580288.jpg
景色は良かったんだけどね・・・・・・



by sakusaku_fukafuka | 2019-01-23 16:59 | 2019 雪山三昧 前期 | Comments(0)

晴れちゃった

俺がスマホで(料金払って)見ている予報がまったく外れた。
夜のNHKの天気予報だと174.png/170.png
そんなはず無かろう・・・
俺の見ている天気予報、終日雪だぜ・・・・・・・
ということで朝はのんびり。
窓を開けたらまさかの晴れ。

ちょっと慌てたね。
急ぎ準備。
歳を追うごとに物忘れが激しくなってきてるもんねー。
先日はウェア忘れて取りに戻ったし(笑)
で、急ぎながらも入念にチェック。

コンビニで朝食と行動食を購入。
コンビニの駐車場からはまだ赤みが残っているお山が手招きしてるねー
b0062024_19551965.jpg












BPにはスノーボーダーの姿が数人見えるのみで、登山者の人影も無い。

昨日はずいぶん降っていたみたいなので、今日はスプリットボード。
閑散としているリフトに乗って準備ポイントへ移動。
終日この天気がもってくれるかなー・・・・・・・
b0062024_19554019.jpg












準備して歩き出したのはスキーヤー二名と我輩のみ。
思っていたほどには深くない。
このスキーヤーさん、 俎嵓山稜の幕岩を冬に登っているんだそうだ。
歩くの速いけど、納得。

熊穴過ぎて念のためにクランポンをつけて登攀開始。
ノートラックの肩の広場っていいよね。
b0062024_20000895.jpg













やっぱり・・・・・・・・・・
ちょっと雲が来てる。
b0062024_20004474.jpg













11:40 am
エントリーポイント到着。
まだ薮も濃いので、当初南面をやろうと思っていたのだが、先に滑り出したスキーヤー曰く。
「重い!!」 「すごく重いです」

で、南面は止めた。
Ⅳにしよう。

b0062024_20031375.jpg













b0062024_20032663.jpg













思ったとおり雲がどんどんやってくる。
完璧な晴れは望めそうもなくなってきたので、雲の切れ間を狙ってGO!

出出しは良かった。
日陰で凹凸が良く見えないのに調子に乗っていたら、一番の急斜面を滑り降りたところでセンターにデブリが見えた。
Ⅳにこんなデブリがあるのって珍しいと思うんだけど・・・
ゴツゴツガリガリで尻餅ついたね。

中間部から上を覗いたら本谷もあまり良く無さそう。
本谷止めてよかった(笑)
b0062024_20071133.jpg












マチガのセンターは殆どデブリーランド。
端っこ選んで滑るしか無いもんね。

b0062024_20081096.jpg






















S字を過ぎた下部はヤブリーランド。
大分埋まってはきてるけど、もうちょっとだね。
b0062024_20085653.jpg













旧駐車場跡は日が当たっていたので軽く腹にパンを放り込む。

腰に痛みがあって、ザックの上げ下ろしはちょっと大変なんだけど、滑り出すとそんなことは忘れちゃうんだから人間て不思議だね。
コンディションはあまり良くなかったけど、誰~も居なくて静かな山を楽しめたので良かったわ。
b0062024_20114881.jpg

by sakusaku_fukafuka | 2019-01-17 20:13 | 2019 雪山三昧 前期 | Comments(0)

こんな日もあるさ

『こんな日もあるさ』という日が今シーズンは幾日あるだろう?

昨日はすこぶる良かった。
めったにない滑降日和だっただろう。

朝は山頂に雲が乗っかっていたものの真っ赤に染まって美しかった。
しかし、今日は一転して下り坂予報。
なので最初から本峰に登るプランは却下。
足慣らしと偵察も兼ねてN尾根を登る。
ここは陽だまりなので急登に汗が噴出す。
b0062024_21265958.jpg












支稜に登り上げると強風域。
梢を轟々と音を立てて強風が吹き荒れる。
青空はあるものの北の方向は雪が舞っていそうな気配。
さっきは汗が噴出していたのに今度は着込まないといられない寒さ。

思ったより登山者が少ない。
でも、昨日登山者がつけたトレースがしっかりついている。
ただ、ツボ足のトレースはスノーシューにとっては辛いものがある。

一時間強でここまで登ってきたが、まだまだ先は長い。
b0062024_21321216.jpg













北の方はだいぶ荒れている。
相変わらず強風に翻弄されながら登る。
b0062024_21331650.jpg















すでに歩き始めて2時間近くかかっている。
あれを登り上げれば先が見えて来るんだが・・・・・・
ここはいつもキツイなー
b0062024_21344780.jpg













もう一息・・・・・・・
b0062024_21353715.jpg













3時間弱でエントリーポイント到着。

ここなら降雪後三日経っていても柔らかいだろうと踏んできたのだが、どっこい強風で叩かれていてかなり硬そう。
b0062024_21372637.jpg












寒いので、早く風呂に入りたい(笑)
で、、GO!!














ま、こんなんでも滑れちゃうスキルがあれば問題ないんだけどねぇ・・・
けっして滑りはうまくないから(笑)

ということで、ここから移動して国道からもう一本落として終了。
b0062024_21424994.jpg

by sakusaku_fukafuka | 2019-01-13 21:42 | 2019 雪山三昧 前期 | Comments(2)

やっと当たった日

連休初日。
ベースプラザはやっぱりすごい混雑。
チケット売り場に並んでいるとたいがい誰かに会うんだけど、今日は久しぶりに懐かしい人と出合った。

RW山上駅を降りて峠リフトを待っていると『N』さんから「今日はいいよ!!」と。
一昨日は難しい雪だったし、昨日も量的にはそれほど降ってないはずだけど、早朝トップからすでに一本滑り降りている彼の言うことだから期待して取りあえず登る。
(画像をクリックで拡大します)
b0062024_20492048.jpg













毎度おなじみの景色だけど、良さそうに見えるよね。
でも、本当に良かったことが滑り出して分かった。
b0062024_20492554.jpg











折からスノーボード製作でお世話になっている師匠と同じ製作仲間のKBYSさんとも一緒になる。
先行しているライダーもそれほど居ないので、我々はマイペースで登る。
今日はスプリット向きの雪ではないと踏んだのだが正解。
スノーシューも要らないくらい締まってる。
b0062024_20535345.jpg












一昨日よりは今日はいい天気。
気温もあまり上がらない陽気なので、南面もいいかも・・・・・
b0062024_20561261.jpg














もうちょっとだね。
b0062024_20570164.jpg












天神ザンゲ岩のところから我輩は直接DPを目指す。
本谷の様子を見に行った師匠たちも先客がいたので本谷を諦めて戻ってきて合流。
b0062024_20594643.jpg













自作スノーボード組が揃ったので記念撮影。
全員自作のスノーボードで今日はトライする。
b0062024_21013883.jpg













まず、我輩からドロップイン。
滑り出して直ぐ分かったけど、ホントに『N』さんの言ったとおり、今日は最高の雪で雄叫びが出ちゃう気分だったね。
久しぶりに思いっきりかっ飛ばせたわ。
b0062024_21041946.jpg













続いてKBYS氏。
ここのボトムにデブリが無いなんて久しぶり。
すこぶる快適で一気にここまで滑ってきた。
b0062024_21055536.jpg













しんがりは師匠。
b0062024_21061256.jpg















我輩。
きっもちいいでっす!
b0062024_21065628.jpg














滑り降りて振り返る。

山に感謝。
ありがとさん!!
b0062024_21074838.jpg














三人のラインが刻まれた斜面を望遠レンズで引っ張る。

や~~、今日は最高だったね。
皆さん、お疲れ様!
b0062024_21091937.jpg


by sakusaku_fukafuka | 2019-01-12 21:09 | 2019 雪山三昧 前期 | Comments(0)

手ごわい一日

ベースプラザは割りと閑散としていた、って平日だもん当たり前か(笑)。
谷川の主NSDさんとは今シーズン初顔合わせ。
ガイドS君たちやら見慣れた顔ぶれはいつもどおり。

朝BPに向かう頃は山は真っ赤に染まっていたのだが、こういう日はやっぱり・・・かなー・・・
b0062024_06174476.jpg












BPでチケット販売開始を待っている頃には早くも雲が出てきた。
やっぱりねー・・・
青空はあるものの、やっぱり雲のせいでちょっと暗め。
b0062024_06190333.jpg












昨日は大雪だったのでさぞかし深いだろうと思っていたら風で叩かれていて案外硬い。
最初の稜線はやっぱり深かったので、シューで先行しているNSDさんたちの前に出てラッセル交代しようかと思ったのは良いんだが、そもそも体力が違うね(笑)
我輩は全く役立たずで、たちまち追い越された。

天神ザンゲ岩のところで後ろから声をかけてきたのはARAIさんたちご一行。
12時ころにDP到着。
SKZW君とMACHIGAのエントリーポイントにて準備をしていると、それぞれ滑り出した。

オキからドロップインしたのはNUMAKENさん。
b0062024_06311505.jpg














NUMAKENさんの滑走を見送って我々もドロップイン。
4はそこそこ柔らかかったものの、本谷に合流したあたりから硬い雪に難儀。
今年の雪はちょっとおかしいのかなー・・・
なかなか楽しませてくれません。
今期初4は不完全燃焼(笑)
後半、藪もまだまだ埋まりきってない。
深みにはまってシールに変更。

b0062024_06352810.jpg














4出合にてARAI & NUMAKENさんツアーご一行様。
b0062024_06362423.jpg

SKZA君と国道291から途中もう一本落として終了。
お疲れ様でした。

by sakusaku_fukafuka | 2019-01-11 06:37 | 2019 雪山三昧 前期 | Comments(0)