カテゴリ:ほか・生活風景( 131 )

猛暑

この連休、とはいっても仕事が忙しく我輩は休日は今日だけ(泣)。
とにかく暑い。
体を動かすと朝から汗が噴出す始末。

この暑さでは山に登る気にもならず、といっても何もしないでゴロゴロしているわけにもいかず、風呂のカビ取りや排水溝の掃除をしたり・・・

それでも、あまり暑くならないうちに散歩にでかけた。
畦道に『待宵草』が咲いていた。
夜に咲くので月見草とも呼ばれるが、本来は月見草と待宵草は別物。

実はこの花も江戸時代末期に南米から渡来した帰化植物なのだ。
一夜で散ってしまうはかない花なのであるが、早朝だとまだ見られる。

イギリスではイブニングローズとも呼ばれるらしいけど、呼び方一つでずいぶんエレガントな花に見えてきたりする(笑)
b0062024_21594144.jpg

by sakusaku_fukafuka | 2018-07-15 21:59 | ほか・生活風景 | Comments(0)

春・夏の花

梅雨明け。

6月29日、気象庁から梅雨明け宣言が出た。
今日も朝から汗が噴き出す暑さだ。

近頃『空調服』なるものが普及してきた。
作業服に空気ファンが付いたものだ。
バッテリーを持っていることから多少重く、お値段も高価だが我輩も昨年から導入した。
決して涼しくは無いが、風が吹き抜けるのでかいた汗も乾きやすいのが利点かな・・・
それでもやはり夏は暑い。
b0062024_06594947.jpg














今朝畦道を散歩してきたが、歩くと朝でも汗が噴き出る。
道端にはヒメジョオンが咲いていた。
野生の菊で、あちこちに当たり前に見かける花。

調べてみると『キク科カシヨモギ属の花』とある。
北アメリカ原産で江戸時代末期に観賞用として導入されたが、明治時代には野生化し、全国に分布している、とのこと。

1個体あたり47,000以上の種子を生産し、その種子の寿命が35年と長く、繁殖力も驚異的で駆除することが非常に困難であり、国立公園内の亜高山帯といった自然性の高い地域にも侵入し、日本古来の在来植物との競合が問題になっていて、生態系被害防止外来種のリストにも上がっている要注意外来生物なのである。

良く見かける花ではあるが、質素できれいな裏にはこんな問題も抱えているのである。
b0062024_07221751.jpg

by sakusaku_fukafuka | 2018-07-01 07:17 | ほか・生活風景 | Comments(0)

巣立ち間近

雛の鳴き声も以前より大きくなってきた。
親鳥は昨日あたりから餌を持たずに囀っていることが多くなってきて、どうやら雛に巣立ちを促しているようだ。

まだ雛は親鳥から餌をもらわなければならないので、時々は餌を上げているが、それでも餌を持たずに梢で囀っていることが多くなった。

昨日りんごの摘果作業が終わって帰りがけに巣穴を覗いたらもぬけの殻だったので、「もう巣立っちゃったんだな」と思った。
しかし、それでも、と今朝巣穴を覗いたら三羽巣穴に戻っていた。
どうやらどこかで飛ぶ練習をやっていたらしい。
でもちゃんとねぐらに戻っていたんだねー。
ちょっと嬉しい気持ちになった。

これは母親 
b0062024_22210980.jpg















by sakusaku_fukafuka | 2018-06-02 22:19 | ほか・生活風景 | Comments(0)

りんごの摘果 Ⅲ

今日もりんごの摘果の続き。
雨で途中で終了したが、シジュウカラの親鳥の餌運びは今日も頻繁に行われていた。
b0062024_22253500.jpg














観察していると彼らの邪魔になるのでカメラをセットしておいたみた。

by sakusaku_fukafuka | 2018-05-30 22:53 | ほか・生活風景 | Comments(0)

野鳥観察::りんごの摘果 Ⅲ

りんごの摘果も佳境。
毎日天文学的数のりんごの実と格闘している(笑)

足元には摘み落としたりんごの実が無数に敷き詰められている。

b0062024_20512485.jpg













休憩時間、お茶を頂きながら鳥の鳴き声に気づいてそちらを見ると、口ばしに昆虫らしき小動物を咥えた鳥が幾度も行き来している。
観察していると、この町で最も古いと云われるりんごの老木の洞に頻繁に出入りしているのだ。
どうやら洞の中には雛がいるようだ。

近づいて耳を澄ましていると、洞の中からチーチーと雛の鳴き声がする。

更に観察していると、どうやらツガイのようだ。
父親と母親が交互に餌を運んでくる。

b0062024_21084215.jpg
















上の写真は24-105mmで撮影したものだが、これでは小さすぎるのでお昼に帰宅して150-600mmを持ってきた。
これで個体が良く見えて調べやすい。
調べてみると、どうやら鳥の名前はシジュウカラ。
b0062024_20574479.jpg















この三月に撮影したのはゴジュウカラ。
ゴジュウカラも可愛かったけど、シジュウカラも可愛いもんだね。

ゴジュウカラ
b0062024_21053790.jpg













野鳥を観察しながらの休憩もなかなか乙なものである。
b0062024_20574797.jpg

by sakusaku_fukafuka | 2018-05-28 21:06 | ほか・生活風景 | Comments(0)

初夏

ずいぶん日が長くなった。

残雪の谷川連峰が暮れていく。
b0062024_21124012.jpg














by sakusaku_fukafuka | 2018-05-24 21:15 | ほか・生活風景 | Comments(0)

雪解け

ほとんど雪が消えた谷川岳。
新緑が天神尾根まで迫っている。
初夏、だね。

b0062024_06452547.jpg

by sakusaku_fukafuka | 2018-05-22 06:45 | ほか・生活風景 | Comments(0)

りんごの摘果 Ⅱ

りんごの摘果が始まって三日目。
山に登りたくなるくらい快晴続き。
お陰で作業も進む。

摘果をやっていると高い脚立の上に上がるとこんな(写真)お客さんも時々いる。
『りんごの木の上で何思ふ』
何か物思いに耽っているような風にも見えたりして可笑しい。
しかし何用あってこんな高いところまで登ってきたのだろう・・・・・・
b0062024_22025142.jpg











b0062024_22034661.jpg

by sakusaku_fukafuka | 2018-05-21 22:03 | ほか・生活風景 | Comments(0)

りんごの摘果

夜半から雨が降っていたが朝には止んだ。
今日から『りんごの摘果』作業が始まる。
しばしの間本業はお休み。

写真の品種は『ぐんま名月』
葡萄のようにたわわに実っているのだが、質の良い商品価値のあるものを選別して、それ以外の殆どを摘んで落とす。
b0062024_06552929.jpg










b0062024_06553642.jpg













約半年後には以下(品種はふじ)のようになる。
b0062024_07044609.jpg

by sakusaku_fukafuka | 2018-05-19 06:55 | ほか・生活風景 | Comments(0)

山菜

今日は雨の予報だったが、朝のうちは天気持ちそう。
ということで、この時期気になるのは『コシアブラ』。
様子を見にいつもの場所へ。

獣の足跡はいっぱいあったけど、幸いなことに人間様が入った様子は無い。

タイミングさえ良ければこれなら採れるかもしれない、と期待して山に入ったけど、ありました、ありました。

おすそわけできるくらいたっぷり採れました。

まずは天ぷらにして食したけど、旬の味覚はいいねー
(写真はスマホ)
b0062024_22321553.jpg

by sakusaku_fukafuka | 2018-05-13 22:32 | ほか・生活風景 | Comments(0)