谷川連峰馬蹄形縦走 #8

思い出のトレイルを辿る

谷川連峰馬蹄形縦走


(画像をクリックで拡大します)

武能岳の山頂で景色を満喫したら、一旦笹平に下り、最低暗部から茂倉岳を目指してひらすら登る。
この今回の馬蹄形縦走の最後の長い登りだ。

芝倉沢を挟んで、ここ、笹平と対峙して聳える堅墨尾根。
かつては、廃同道に近い状態だったが、最近、草を刈ったり整備されたところもあるらしい。
よく見ると、登山道が見てとれる。

堅墨尾根下部。 
b0062024_0214392.jpg


堅墨尾根上部

b0062024_0222523.jpg


暗部(笹平)より、これから目指す茂倉岳。
b0062024_0235258.jpg


カラマツソウ】  キンポウゲ科カラマツソウ属低地~亜高山帯の草地などに生える多年草。
b0062024_0265789.jpg


移動しながらも、時折S字を俯瞰。
あれを滑ったとが思い出される。

b0062024_0282085.jpg


茂倉岳を見上げる。
知ってはいるルートだが、ここの長い登りは覚悟を決断するような気分にさせられる。

b0062024_0304888.jpg


武能岳と笹平を振り返る。
b0062024_0335093.jpg

b0062024_034575.jpg


【ユキワリソウ】 サクラソウ科サクラソウ属の多年草でハクサンコザクラに類似する。
ちょっと花期をすぎたようだ。

b0062024_0385729.jpg

b0062024_0391141.jpg

b0062024_0392560.jpg

b0062024_0393856.jpg


登山道脇を埋め尽くすように咲くベニサラサドウダン。
b0062024_041122.jpg


冬のシーズン、ここをドロップポイントに滑り降りるのも良さそうだ。
b0062024_042088.jpg


ムシトリスミレ
b0062024_043553.jpg

b0062024_0431744.jpg


ユキワリソウ。
とはいっても、雪を割って芽を出すわけではない。
実際は雪が解けてから花を咲かせる。
可愛いので、この花ばっかり撮っていた。

b0062024_0452144.jpg

b0062024_0454640.jpg

b0062024_0455747.jpg

b0062024_046510.jpg


【ミヤマオダマキ】 キンポウゲ科
高山の礫地や周辺の草地に生える多年草。
紫が美しいこの花は大のお気に入り。
見られて良かった・・・

撮影に入るが、風が強く、いつまで待っても揺れが止まらない。
我輩らしいピンボケ写真だ(笑)

b0062024_05158100.jpg

b0062024_0521110.jpg

by sakusaku_fukafuka | 2009-07-10 00:54 | 2009 谷川連峰馬蹄形縦走 | Comments(2)

谷川連峰馬蹄形縦走 #7

思い出のトレイルを辿る

谷川連峰馬蹄形縦走


(画像をクリックで拡大します)
熊笹に覆われた谷川連峰の峰々を、稜線から顔を出した朝日がオレンジ色の絵の具を混ぜるように染めていく。
b0062024_6401183.jpg


夕暮れ時、人の顔を見分け難くなった時分を《誰そ、彼は》黄昏たそがれ(どき)というが、早朝のこの時分を《彼は、誰》《かわたれどき》という。

静寂に包まれた武能岳の山頂で、オレンジ色のグラデーションに染まっていく《かわたれどき》の美しい景色に独り見入る。
b0062024_6451714.jpg


長玉にて大源太山を引っ張る。
b0062024_653641.jpg


一晩お世話になった蓬フュッテも、徐々に朝日に包まれる。
b0062024_654355.jpg

b0062024_6541497.jpg


東尾根と、これから目指すオキノ耳の稜線。
b0062024_6552316.jpg


白毛門、上州武尊山遠望。そして出発した土合を俯瞰。
b0062024_6594191.jpg

b0062024_6595285.jpg


武能岳と茂倉岳を結ぶ鞍部、笹平。
b0062024_705992.jpg


武能岳からの景観を楽しんだら、このルートの最後の長い登り、茂倉岳へ向かって出発。
しばらくは蓬峠も見えなくなる。5:10 am

b0062024_732618.jpg


コバイケイソウの新芽だろうか・・・・・・・
b0062024_75866.jpg


熊笹が朝日に輝いて美しい。
b0062024_754925.jpg


冬の滑降時、この沢の最も危険な箇所、S字を見下ろす。
デブリの溜り場だけあって、まだずいぶん雪渓が残っている。

b0062024_7181359.jpg

b0062024_7194616.jpg


 前日歩いた対岸から見るとこんな感じ
b0062024_7205160.jpg

by sakusaku_fukafuka | 2009-07-08 07:38 | 2009 谷川連峰馬蹄形縦走 | Comments(8)

谷川連峰馬蹄形縦走 #6

思い出のトレイルを辿る

谷川連峰馬蹄形縦走

夜明け


周囲からは、まだ『いびき』 が聞こえる。
3:00 起床。
周囲に気遣いながら小屋の布団を整理し、外に出る。
外は雲間から星が見える程度の天気。
外に出てからパッキングをし直し、 3:20am 蓬峠を出発。
武能岳から夜明けを見る予定。
この時間の登山道は夜露で濡れて歩きにくいことが多いが、若干ズボンが濡れる程度なのでホっとした。
長いトレイルを見渡しても、他にヘッドランプの明かりらしいものは見えない。
この時間に縦走路を歩いているのは自分だけらしい。

蓬峠を出発してから、一時間弱。
西に関越自動車道の土樽Pが見える。
長玉で引っ張る。

b0062024_5352813.jpg


だいぶ白々としてきて、振り返ると蓬フュッテが見える。
b0062024_53729100.jpg


一時間かからないで武能岳に着いた。
一ノ倉岳、茂倉岳を望む。

b0062024_5423059.jpg


三脚をセットし、ここで夜明けを待つことにした。
湯檜曽側沿いに出発地点が見える。

b0062024_5433873.jpg

b0062024_543507.jpg


笹平から茂倉岳へ向かうトレイル。
今回の馬蹄型縦走の最後の長い登りだ。

b0062024_5482347.jpg


東の空がオレンジ色に染まりだした。
夜明け間近。

b0062024_551031.jpg

b0062024_5513576.jpg

b0062024_5515036.jpg


ジャンクションピーク辺りから登ってくるようだが、残念ながら雲に邪魔をされてまん丸朝日は望めなかった。
b0062024_5533036.jpg


オレンジ色のグラデーションが峰峰を包み込む。
b0062024_5543126.jpg


谷川岳・東尾根
b0062024_5552461.jpg


蓬峠から望む武能岳は女性的な山容だが、南面は蓬峠からは想像できないくらいの荒々しさだ。
武能岳より深く抉れた檜又谷を見下ろす。

b0062024_622634.jpg


朝日が昇りきり、やわらかい朝の陽光が谷川連峰の東面を照らし出す。
茂倉岳へ向かうトレイルもはっきり見えてきた。

b0062024_645057.jpg


西に連なる縦走路。
平標山まで望める。

b0062024_664029.jpg

b0062024_665027.jpg


万太郎山
b0062024_674775.jpg


仙ノ倉山(左)と平標山
b0062024_68281.jpg



by sakusaku_fukafuka | 2009-07-06 06:12 | 2009 谷川連峰馬蹄形縦走 | Comments(8)

谷川連峰馬蹄形縦走 #5

思い出のトレイルを辿る

谷川連峰馬蹄形縦走

暮れ行く蓬峠

蓬フュッテに宿泊する登山者たちと歓談したあと、就寝まではまだ時間があるので、小屋のサンダルに履き替えて散策にでる。

明日まず最初に通過する武能岳

b0062024_631451.jpg


西に傾いた陽が蓬峠を包み込んでいく。
b0062024_651515.jpg


聞こえるのは風の音だけ。
刻々と日が沈んでいく。

b0062024_663022.jpg


大源太山と割引岳(右端)
b0062024_671893.jpg


白毛門から朝日岳
b0062024_68084.jpg


見る見る沈んでいく夕陽。
じっと見ていると地球が自転していることが良く分かる。

b0062024_610832.jpg


シルエットの大源太山、七ツ小屋山と淡いブルーの巻機山。
b0062024_6112726.jpg


フュッテもだいぶ染まってきた
b0062024_6132880.jpg



b0062024_6143577.jpg

b0062024_6144748.jpg

b0062024_6145741.jpg

b0062024_6151028.jpg


夕陽が沈んだとほぼ同時に月が輝きだし夕刻から夜へリレーしていく。
b0062024_616302.jpg

明日は早いぞ・・・・・

by sakusaku_fukafuka | 2009-07-03 06:20 | 2009 谷川連峰馬蹄形縦走 | Comments(8)

谷川連峰馬蹄形縦走 #4

思い出のトレイルを辿る

谷川連峰馬蹄形縦走


 (画像クリックで拡大します) 
茂倉岳まで歩く覚悟を決めたら、あとはひたすら歩くだけだ。
まずは蓬峠を目指して出発。
七ツ小屋山の登りの途中にイワカガミの群落。

b0062024_642222.jpg


左手に茂倉岳、一ノ倉岳、谷川岳東壁が屹立している。
b0062024_6444042.jpg

b0062024_6481324.jpg



右手には柄沢山、巻機山。
b0062024_6502085.jpg



正面左奥が七ツ小屋山。
b0062024_6515445.jpg



大源太山も近くなってきた。
b0062024_6524871.jpg



振り返ると、登ってきたルートのトップが全て見える。
b0062024_6545091.jpg

b0062024_6572146.jpg



やっとこさ、七ツ小屋山のトップが見えてきた。
b0062024_6582366.jpg



大源太山への分岐。
今度、大源太山からのプチ縦走をやってもいいな、などと考えながら歩くと、分岐から間もなく七ツ小屋山の山頂。

b0062024_714819.jpg



七ツ小屋山へ着いたら、まだ朝から行動食以外何も口にしていないことに気づいた。
しばらくは牧歌的な稜線歩きが続くが、その先の登攀に備えてしっかりと腹ごしらえをしておくことにした。
土合を出発して、ようやくランチ。
目指す茂倉岳はまだ遠い。

b0062024_741848.jpg

b0062024_773249.jpg


七ツ小屋山から蓬峠まではおよそ一時間。
熊笹に覆われた美しい草原を楽々ハイキング。

途中、馬蹄型縦走を自分と反対に回ろうという単独登山者に行き会う。
やはり白崩非難小屋泊まりだという。
自分が教えてもらったように、その登山者に非難小屋の現状を話すと愕然としていた。
「外に寝ようか・・・」とつぶやきながら彼は清水峠へと向かっていった。

b0062024_7134379.jpg


振り返ると大源太山も徐々に姿かたちを変えてくる。
やはり、大源太山はこちらから見たほうが形が良い。

b0062024_7145241.jpg


気持ち良い稜線歩きだが、一つ難点は虫が多いこと・・・
立ち止まると追っかけ虫に「チクリ」とやられる。
イヤでも動かざるを得ない・・・

b0062024_7172367.jpg

b0062024_7193375.jpg



稜線には、早くもニッコウキスゲが開き始めている。
どうやら尾瀬より早いようだ。

b0062024_7203355.jpg

 【ニッコウキスゲ】 ユリ科(別名ゼンテイカ)山地~亜高山帯の草原などに生える多年草で、尾瀬のキスゲは有名。
b0062024_7242753.jpg


キスゲの傍にはカラマツソウも開花し始めている。
【カラマツソウ】 キンポウゲ科カラマツソウ属

b0062024_728699.jpg


草原は春の花から夏の花へとバトンタッチし始めたようだ。
【イブキトラノオ】 タデ科タデ属

b0062024_732446.jpg


ハクサンチドリ
b0062024_733054.jpg


徐々に蓬峠の辺りが見えてきた。
b0062024_7343580.jpg


谷川岳東壁も徐々に近づく。
いつ見てもダイナミックだ。

b0062024_7354039.jpg


シシゴヤの頭へ向かう分岐。
このルートは藪こぎになりそうだ・・・

b0062024_7365045.jpg



見えてきた、蓬峠。
黄色い小屋は『蓬フュッテ』

b0062024_7414968.jpg


懐かしい黄色い小屋。
清水峠で一泊の予定を変更せざるを得なくなって、一応、ここまでは茂倉岳を目指して来た。

朝日岳で補給してきた2㍑の水も、すでに底をつく。
ここ、蓬峠の水場で補給しないと茂倉岳まではもたない・・・・・・・
湯檜曽側と土樽側の二箇所に水場があるが、どちらが近かったかうろ覚えなので、小屋の主人に尋ねた。

話のついでに、清水峠の白崩非難小屋の現状や、非難小屋泊まり計画で所持金が無く、茂倉岳非難小屋に向かう旨を話すと、『宿泊代は後で送ってくれればいいから、ウチに泊まっていきな』と暖かく言葉をかけていただいた。
今から更に茂倉岳まで向かう道のりを考えると、ご主人の仰るとおり、ここに泊まる方が安全と思い、ご主人高波氏のお言葉に甘えることとした。
レポートの冒頭にも書いた『それなりの心構えと準備』をしたつもりが、意外なところに落とし穴。
非難小屋泊まりだから必要無い、と、わざわざ車に所持金を置いてきたことを悔いるとともに、この場を借りて高波氏のご厚情に感謝申し上げたい。

小屋に落ち着くことになったら急に身が軽くなった。
明日の早発ちに備え、水の補給をすべく、水量の豊富な土樽側の水場へ水汲みに下る。
登山者だけではなく、小屋にとっても水は貴重だ。
小屋の調理の水も、すべてここから人力で運び上げる。
何もお礼ができないので、せめて、自分の分に加え、4㍑の水を小屋まで汲んでいくことにした。

ここまでの長いトレイルで乾ききった喉に、冷たい水が痛いくらいに感じる。
ゴクゴクと音を立ててのどの奥へ水を流し込むと、生き返るほどに旨かった。
水場までおよそ往復20分。

b0062024_8131217.jpg

蓬フュッテには自分より年配の登山者が二人。
夕食を共にしながら山談義。
歓談を終えて、自分は暮れ行く蓬峠を散策に出た。


清水峠のJR白崩非難小屋の現状は記述のとおりなので、蓬フュッテを宿泊地点として計画するのが最良と思われる。
蓬フュッテをご利用の際はこちらを参考にしていただきたい。
尚、非難小屋の現状は南魚沼市に電話を入れて報告しておいたのであるが、所有者はJRとのこと。
JRの連絡先までは分からないので、どう対応していただけるかは不明。
登山者のために無償で供与してくれている側に対して、「綺麗にしろ」と言うのは、あまりにも非常識。
改めて一人ひとりの利用者のマナーのあり方を考えさせられた。
せめて自分の後に使う人のことを考えて発ちたいものだ。

by sakusaku_fukafuka | 2009-07-02 09:10 | 2009 谷川連峰馬蹄形縦走 | Comments(2)

谷川連峰馬蹄形縦走 #3

思い出のトレイルを辿る

谷川連峰馬蹄形縦走

【ムシトリスミレ】 タヌキモ科ムシトリスミレ属
 
山地~高山のやや湿った岩壁や草地に生える草丈3~5cmの多年生の食虫植物。
スミレと似ているがスミレの仲間ではない。
根元に集まった葉はロゼット状になっており、内側に巻いている。
花ではなく、粘液のある葉で虫を補足して消化する。

b0062024_6484223.jpg

b0062024_6544810.jpg



朝日岳に近づくにつれ、ホソバヒナウスユキソウが目立つようになってきた。
今回の山行はタイミングよく、ちょうどヒナウスユキソウの最盛期に出会うことができたようだ。
【ホソバヒナウスユキソウ】 キク科ウスユキソウ属
ヨーロッパ産のエーデルワイスの近縁種。
この日本版エーデルワイスは尾瀬の至仏山と、ここ谷川連峰の朝日岳、それに谷川岳の蛇紋岩地帯だけに生育する貴重な植物だ。

b0062024_7302774.jpg

b0062024_745296.jpg

b0062024_745165.jpg

b0062024_7452865.jpg
b0062024_7454280.jpg


チングルマも見ごろ。
【チングルマ】 バラ科ダイコンソウ属の落葉小低木
花も美しいが、チングルマは花が終わった後も綿毛が逆光に輝いて美しい。
どう見てもこれは草のように見えるが、れっきとした木(落葉低木)なのである。
チングルマの名の由来は、その種子の綿毛が風車に似ているところからきているそうな・・・
b0062024_7464174.jpg


こちらが、その種子。(白馬三山・鑓ケ岳にて)

b0062024_7583217.jpg



花を愛でながら歩いていたら、もう朝日岳直下。
これを左に巻けば山頂だ。

b0062024_80139.jpg


ここにも前出のナエバキスミレ。
b0062024_811940.jpg



12:20pm 朝日岳山頂。
山頂には二人先に登山者が居ただけ。
静かな山頂だ。

b0062024_83216.jpg



山頂で大休止をとりながら、他の二人の登山者と歓談。
今日の宿泊予定の清水峠・白崩非難小屋の状況を教えていただいたが、汚いのと臭いことで、とても泊まれる状況ではないとの情報を得た。

登山者から最新情報を得たことで、この山行に大きな誤算が生じてしまった・・・・・
谷川連峰には営業小屋が二つある。
一つは谷川岳の肩の小屋。もう一つは蓬峠の蓬フュッテだ。
今回は無料の非難小屋泊まりの計画であったので、金銭は必要が無い。
もし、仮に使うとすれば肩の小屋くらいなので、小銭を少々持ったくらいで、無用と思われるお金は持参しなかった。
もし、白崩非難小屋が使えないくらいひどいことになっているとすると、イヤでも茂倉岳非難小屋まで行かなくてはならない・・・
茂倉岳まで行かなければならないとすると、清水峠から更に5時間半は余計に歩かなければならない。
ここ、朝日岳からなら、7時間余り。
予定より三時間遅れで出発したことを今更ながら後悔した。

取り合えず、どうするかは清水峠に行ってから考えることにし、朝日岳の水場へ立ち寄る。

ジャンクションピーク(前方)手前を右に折れ、宝川温泉へ下るルートの途中に水場がある。
遠く、越後駒ケ岳や中ノ岳も見える。
b0062024_826378.jpg

b0062024_83086.jpg



土合から清水峠までの間で唯一の水場、朝日岳の水場にて2㍑の水筒に飲料水を補給する。
清水峠の水場は三箇所あるが、涸れている可能性が高いので、ここで補給をしないと蓬峠までは水場が無い。

朝日岳の山頂近くに湧く清水。
冷たくてとても美味しい。

b0062024_83042100.jpg



 【ハクサンコザクラ】  サクラソウ科サクラソウ属
ハクサンコザクラとユキワリソウはよく似ていて一見区別しにくいが、こちらはハクサンコザクラ。
b0062024_835137.jpg


【イワイチョウ】 ミツガシワ科イワイチョウ属
高山のやや湿った所、湿地に生える多年草で、葉がイチョウの葉に似ていることからこの名がついたらしい。

b0062024_838456.jpg


ジャンクションピークより振り返る。
b0062024_8445974.jpg
b0062024_8473630.jpg


ジャンクションピークからは清水峠まで一気に下る。
ジャンクションピークには柄沢山を経由して巻機山へ連なるルートがあるが、今は廃道になっていて、藪漕ぎのワンゲルのエリアだ。

b0062024_8484259.jpg

b0062024_8533696.jpg



熊笹が美しいのは谷川連峰の特徴だ。
b0062024_8543522.jpg


清水峠、七ツ小屋山、大源太山を望む。
b0062024_8563891.jpg

b0062024_941065.jpg


大源太山
b0062024_944842.jpg


清水峠までは気持ちよい下りだ。
b0062024_953615.jpg


右側がガレている。
急ぐといささか危険だ。

b0062024_964366.jpg

b0062024_97725.jpg


清水峠を望遠側で引っ張る。
b0062024_98056.jpg


気温が上昇してきた。
下りでも、かなり暑い。
傍らにはタテヤマリンドウ

b0062024_99892.jpg


下っても、下っても、なかなか近づかないように感じる清水峠。
b0062024_9101767.jpg


しかし、面白いもので、振り返るとずいぶんと下ってきているのである。
b0062024_9111067.jpg


ずいぶん以前に登った大源太山。
b0062024_912135.jpg


小さい池の淵にもタテヤマリンドウが見ごろ。
b0062024_913048.jpg

b0062024_9131167.jpg


JRの送電線越しに七ツ小屋山。
b0062024_9135310.jpg


登山道は抉れ、降雨時には小川と化す。
b0062024_9143224.jpg


漸く清水峠。
大きな小屋はJRの送電線監視小屋だ。
登山者用に解放されている非難小屋は手前の小さい小屋。
b0062024_9232376.jpg


いざ、ドアを開けて中を確認してみたら、朝日岳で登山者から教えていただいたとおり、高床式になっている床の下にはゴミが相当捨ててある。
心無い登山者が出したゴミがそのまま放置してある。言葉が無い・・・・・・・・・
誰かが捨てれば、その次利用した登山者が真似て捨てていく・・・・・・・
その繰り返しだろう。
チリも積もれば、だ。
娘とここに泊まったころはもっと綺麗だったのに、残念・・・・・・・

ゴミだけならいざ知らず、言われたとおり、匂いもそうとうなものだ。
悪臭にいたたまれなくなって外に出たが、とても、このひどい匂いとゴミに囲まれて一夜を明かす気にはなれない。
ここでショックに打ちのめされている間は無い。
意を決して、茂倉岳まで足を伸ばすことにして清水峠を出発。
茂倉岳非難小屋までとなると、あと5時間か・・・

by sakusaku_fukafuka | 2009-07-01 09:43 | 2009 谷川連峰馬蹄形縦走 | Comments(4)