スノーボード製作 IX

今回はソールのテープを剥がしたり、インサートホールの掘り出しをやったり。
いよいよ最終段階に入ってきた。


プレスする段階でソールにエポキシがつかないように養生テープを貼ってあるのだが、これを剥がすのが一仕事。
養生テープなので粘着性は弱いのだが、プレスの段階でかなりの圧力をかけるので剥がしにくくなる。

今回は大人数で賑やかだった。

















b0062024_13180230.jpg


















b0062024_13180601.jpg

by sakusaku_fukafuka | 2018-11-29 13:18 | スノーボード製作 | Comments(0)

スノーボード製作 Ⅷ

プレスが終了。
今夜は切り出しに入る。
b0062024_22253326.jpg















b0062024_22254000.jpg















ソール面
b0062024_22254995.jpg
















荒削り終了。
アウトラインより2~3mm余裕を持って切断する。
b0062024_22272582.jpg














b0062024_22272936.jpg















まだゴツゴツ。
これをサンドペーパーでエッジが露出するまで削る。
b0062024_22281441.jpg















一応仕上がり。
ここにスプリット用のパーツを取り付け、サンディングをすれば滑走可能となる。
b0062024_22293117.jpg

















by sakusaku_fukafuka | 2018-11-24 22:30 | スノーボード製作 | Comments(0)

今朝の谷川岳

降りました!

初冠雪じゃないけど、これだけ降ったのは今期初めて。
根雪になるといいんだけどな~・・・・・

b0062024_07363274.jpg















b0062024_07364451.jpg
















今回自作スノーボードにつけた『 俎嵓』はこの 俎嵓山稜からもらった。
b0062024_07364078.jpg

by sakusaku_fukafuka | 2018-11-24 07:38 | ほか・生活風景 | Comments(0)

スノーボード製作 Ⅶ

今回はいよいよプレスだ。

エポキシを塗布しながらソール、グラスファイバー、スプリットボードなので更に補強にグラスファイバーを重ね、最後にこれもスプリットなので徒歩時にできるだけ傷がつかないようトップシートを張って仕上げる。


写真はその段階を経てトップシートを貼る前に名前『 俎嵓』を入れた最終工程。
b0062024_11374502.jpg















b0062024_11375221.jpg















b0062024_11375867.jpg















最後にトップシートを貼るのだが、これで仕上がりが決まってしまうので慎重にやる。
去年もやっていることだが、すっかりポイントを忘れてしまってるので、師匠にお手本を見せてもらってから挑戦。
b0062024_11380702.jpg














b0062024_11381152.jpg















これで終了。
プレスして硬化するのを待つ。

次週切り出す。
b0062024_11381444.jpg














途中でカメラのバッテリーが終わってしまって上の写真の工程まで写っていないが、、、、、、、、


by sakusaku_fukafuka | 2018-11-23 11:44 | スノーボード製作 | Comments(0)

スノーボード製作 Ⅵ

プレスの前準備。

プレスするときにエポキシが滑走面に付着しないようテープを貼る。
これがなかなか難しいんだよね。
隙間が開きすぎてもダメだし、重なってもダメだし・・・・・・・
b0062024_22131759.jpg













悪戦苦闘しながらも、何とか完成。
b0062024_22195010.jpg














次回のプレスに入るための準備。
b0062024_22204106.jpg















バインを取り付けるためのインサート。
グラスファイバー。

スプリットなので更に強度を増すためのカーボンファイバー。

b0062024_22220393.jpg

これで次回プレスに入る。

by sakusaku_fukafuka | 2018-11-17 22:22 | スノーボード製作 | Comments(0)

晩秋の浅草岳

ブログにスノーボード製作の記事を書いていたので、浅草岳の山行から一週間が過ぎた。
平野部は今日もいい天気だが、谷川岳の山頂付近は厚い雲の中。
もしかすると雪かもしれない。

今回の浅草岳はRyon の提案で田子倉湖登山口から。
標高1585mの浅草岳はヒメサユリを見に登ったり、他にも幾度か登っているが『田子倉湖登山口』からは初めて。
かつて登ったネズモチ平登山口からの標高差は約500m。
今回の田子倉湖登山口からだと1000mを超えるので倍以上の標高差がある。

自宅を早朝出発だと途中で眠たくなったときに寝過ごす危うさがある。
よって前日移動で待ち合わせ場所『道の駅いりひろせ』で車泊。

日が短くなったので待ち合わせ時間6時のちょっと前でもまだ真っ暗。
5時20分起床。
仲間の一人も車泊。
ほぼ時間通りRyonたちもやってきた。
我輩はRyonたちの車に便乗、一路田子倉湖登山口へ。

大分明るくなってきたけど、周囲を見たらガスガス・・・・・・
あれ?・・・こんな天気じゃなかったはずなんだけどなぁ。

でも、ま、朝の霧は晴れる、っていうからそれを信じましょう。
で、準備開始。
b0062024_13211635.jpg














このあたりの標高が紅葉真っ只中。
なかなかきれいです。

で、出発前にカメラをケースから取り出したら、あらま、なんと・・・・・・
愛用のメインカメラEOS 5D MARK Ⅳ に取り付けてあったレンズがフィッシュアイ(泣)
そーだ・・・・・・この間Jr.オーケストラの撮影をやったとき、スナップ撮影にフィッシュアイを着けたまま標準ズームに装着し直すのを忘れたままだった。

ま、今更戻れないので、今日の撮影は全てフィッシュアイ(笑)


6時ちょっと過ぎて出発。
紅葉真っ盛りのブナの森を抜ける。
b0062024_13260965.jpg












b0062024_13261482.jpg














ブナの巨木に圧倒される。
b0062024_13262216.jpg















足元にツルリンドウの実が真っ赤でした。
b0062024_13262627.jpg
















こちら『クロモジ』。
和菓子などの高級楊枝に使われるクスノキ科クロモジ属の落葉低木だが、葉や樹皮にとても良い香りがする。
大きくなっても2~5mくらいで、どこにでも見られる植物だが、この葉や枝を折るととても良い香りがするので山で見かけると時々葉に鼻を近づけて香りを嗅ぐ。
b0062024_13263055.jpg
















歩き始めはガスが濃かったが、時折青空が見えるようになり、期待も高まる。

b0062024_13263416.jpg














視界が開けると、まさかの初雪?
稜線を白い綿帽子が包み込んでいた。
b0062024_13372500.jpg













三段紅葉だね。(三段紅葉とは白い雪、紅葉、麓の緑をさすが)
青空、真っ白な雪、麓付近の紅葉。
見事です。
b0062024_13372882.jpg















ブナにダケカンバが寄生してる、なんて不思議だよね~~
面白い。
b0062024_13373279.jpg














鬼ヶ面山の大岩壁が見えてきて圧巻。
きついルートだけど、これがいいんだよね。
このコースのハイライト。
b0062024_13373653.jpg














ダケカンバの実も真っ赤。
b0062024_13373951.jpg














振り返ると雲海。
田子倉湖が少しずつ見えてきた。
b0062024_13374349.jpg















美しい。
皆で写真ばっかり撮ってるのでなかなか先へ進みません。
b0062024_13442246.jpg














b0062024_13442621.jpg














この辺りから徐々に雪が登山道を覆ってます。
b0062024_13443038.jpg














雪の白とナナカマドの赤がいいです。
b0062024_13443398.jpg














雪を踏みつつ登っていると下山してくる御仁が・・・・・・
聞くと「雪山は初めてなんです」と慣れていないので下山する、と下って行きました。
ま、諦める勇気も必要なときもあるよね。
自信が無いのなら賢明な判断だと思う。
b0062024_13443678.jpg















先行者を追い抜くころには雪もだいぶ深くなってきて難儀するようになってきた・・・・・・・
「どうする? まだ登る?・・・・・引き返す?」
その判断は紅一点のRyonにゆだねるとして、更に上を目指す。
b0062024_13444007.jpg














何だかんだ難儀しながらも、とうとう山頂まで登りきった。
今シーズン初めての雪山登山となった。
我々のルートから登ったのはこの日我々も含めて8人(途中一人下山)。
1000mの標高差を上りきって眺める景色は最高。
b0062024_13521502.jpg
















ランチを済ませ、日が短いので急ぎ下山。
やはり下りは登りよりきついよね。
雪は溶け出したし、足の指がふやけるほど登山靴はグチョグチョ。
b0062024_13534165.jpg















下るとき見る景色もまたいいものです。
b0062024_13534486.jpg














b0062024_13534732.jpg














紅葉したブナの森に戻ってきた。
ブナの実を拾っては皆で食しながら下る。
また、クロモジの黄葉。
b0062024_13553416.jpg














鉄パイプの橋・・・・・・
ちょっと怖いね(笑)
b0062024_13553839.jpg















b0062024_13565728.jpg













大分日が落ちてきた。
もうちょっと・・・・・
b0062024_13572275.jpg















16:00 やっと下山終了。
もうちょっとで暗くなるね。
ギリギリ間に合った(笑)

今日は最高の天気で、今シーズン無雪期登山の良い登り納めとなった。
b0062024_13585846.jpg

by sakusaku_fukafuka | 2018-11-10 13:59 | 2018 無雪期登山 | Comments(0)

スノーボード製作 Ⅴ

前回はコアにインサート用の穴を開けた。
今回はソールの切り出しとエッジの取り付け。

ソールは新しいソールで師匠お勧めのグラファイト入りのソール。

スプリットなので一枚のソールを二つに縦割り。

b0062024_22005832.jpg














トリマーを使って雛形に沿って切り抜く。
b0062024_22015977.jpg














切り抜いたソールにアウトラインに沿って曲げたエッジをクリップで保持。
瞬間接着剤で仮固定する。
b0062024_22042109.jpg















b0062024_22043255.jpg













ここまでが今回の作業。
次回はエポキシが付着しないようソールにテープを貼って保護し、プレスの前準備とする。



by sakusaku_fukafuka | 2018-11-08 22:07 | スノーボード製作 | Comments(0)

スノーボード製作 Ⅳ

今回はバインを取り付けるインサートの穴開け。
b0062024_09495940.jpg

















b0062024_09501436.jpg












ドリルの刃の調整をやってくれている師匠。
b0062024_09535211.jpg















































この夜も数名で賑やかに自作ボードの製作に勤しむ。

KRSWさんはスキーヤー。
コアのテーパーをつけてます。
b0062024_09550842.jpg














こちらもスキーの製作。
ほぼ完成系でバインを取り付ければもう滑走可能。
b0062024_09562751.jpg














こちらスノーボード。
難関のフルエッジに挑戦してます。
俺は不器用だからフルエッジは諦めてる(笑)
b0062024_09574009.jpg














エポキシがソールに付着しないようテープを貼る作業。
これでプレスしたらもう仕上がり。
進んでます。
b0062024_09584537.jpg














ソールにエッジの取り付け作業。
師匠からアドバイス受けてます。
b0062024_09592886.jpg

さて、次回はエッジの仮接着。

by sakusaku_fukafuka | 2018-11-04 10:01 | スノーボード製作 | Comments(0)