Aug.15.2006 槍・穂縦走記(キレット越え) 北穂高岳 星と月明かりのアルプス、3000mの夜明け

午前二時半起床。
周囲に気遣いながらカメラと三脚を持ってテントを出る。
月明かりでだいたいの登山ルートは分かるが、念のためにヘッドランプを点けて山頂を目指す。テント場から20分ほどで山頂に着く。
午前三時、夜も明けやらぬ山頂には自分独り・・・・・
空は満天の星。月明かりの中に槍ヶ岳がくっきり見える。
こんな素晴らしい北穂高岳の景色を、今は自分独り占め、贅沢な時間が流れる。

山頂は寒い、持ってきた服を全部着、レインウェアをその上から着込んで山頂に立つ。
三脚を伸ばし、カメラとケーブルスイッチを装着。
幾枚か撮影しながら北の空を仰いでいると、西北の空から東南の方向へ向かって人工衛星が飛んでいく。
どんな人工衛星か分からないが、知らないほうが夢があっていい・・・・・


規則正しい弧を描いて中空を横切っていく人工衛星と槍ヶ岳

b0062024_2214657.jpg


かじかむ両手を擦り合わせながら人工衛星が通り過ぎた夜空を撮る。
b0062024_22152645.jpg

午前4時。
東の空が明るんでくるが、漆黒の空にはまだ星が瞬いている。

常念岳と星

b0062024_22171056.jpg

ちらほらと北穂高小屋からカメラマンがやってくるころ、雲海の上に聳える槍がシルエットで浮かび上がる。
b0062024_22221762.jpg

『槍ヶ岳・北穂高縦走(大キレット越え)』はこちらへ引越ししました。

# by sakusaku_fukafuka | 2006-08-28 22:23 | 槍・穂縦走記(キレット越え) | Comments(30)

守門岳

b0062024_82268.jpg

足の筋肉の痛みもほぼとれたので、槍穂から帰っての最初の登山。足のことも考えての登山だったが、選んだコースは急登の連続。4時40分大原の取り付きを出発。3時間ジャストで守門岳山頂に着いた。夜明け頃は満点の星空だったが、今は怪しい天気。雨が降らないうちに下ろう。(山頂にて)

# by sakusaku_fukafuka | 2006-08-27 08:22 | Comments(4)

キレット越え

b0062024_14303313.jpg

今日は南岳まで稜線歩きをしたあと、今回の山行の核心部大キレットを越える。昨日、残念ながら大キレットを通過中に要注意箇所、長谷川ピークで滑落事故があり、尊い命が失われた。ご冥福を祈りたい。自分は何とか無事大キレットを通過し、先程北穂高小屋に到着した。写真は槍ヶ岳の山頂から撮影した今日のトレッキングルート。

# by sakusaku_fukafuka | 2006-08-14 14:30 | Comments(7)

槍ヶ岳

b0062024_19141625.jpg

今日は久しぶりの北アルプス。しかし槍ヶ岳は今日が初めて。今回の登山はテント、寝袋、など宿泊道具一式。80リットルのザックにめいっぱいだ。これを背負って上高地から槍ヶ岳まで一気に登ろうというのだからかなりハード。詳しいレポートは帰宅してからということで、取りあえず槍ヶ岳と自分のテントをアッブロードして終わりにしよう。

# by sakusaku_fukafuka | 2006-08-13 19:14 | Comments(9)

野反湖・Ⅳ(Last)

長々と同じような写真ばかり続いたが、野反湖のシリーズもこれで最終回。
頂いたコメントの中にあった一節をお借りすれば、、ここの湖畔はちょっと『外国を思わせる』雰囲気があってとても好きである。

b0062024_2181677.jpg


霧に濡れたコマクサ、やっぱり草木には雫が似合う
b0062024_2195636.jpg


たっぷりと雫をつけて頭を垂れるコマクサ。高山植物の女王と言われるにふさわしい可憐な花(コンデジ)
b0062024_21125335.jpg


帰路に着く前に、休憩所の高台から野反湖を一望する

b0062024_21152648.jpg

次回からは撮影した写真の整理をしながら、しばらくの間、谷川岳花紀行をつぶさに・・・

# by sakusaku_fukafuka | 2006-07-27 21:21 | Comments(18)

Test

b0062024_17292171.jpg

Test…初めてカメラ付き携帯電話のカメラで撮影した写真を、携帯から送ってみた。携帯の液晶では細かい部分は確認できないので、さて、どんなふうに写っているのかパソコンで見るのが楽しみだ。もし、これがうまくいけば、電波状況さえ良ければリアルタイムで山行や雪山などの記事をアッブロード出来るわけだ……


【 ここからはPC投稿 】
帰宅後、PCにて画質の確認をしてみる。
いささか手前味噌ではあるが、あのオモチャのようなレンズで撮ったにしては、なかなかの写真ではないか。
これなら山からリアルタイムで記事をアップロードできるかもしれない・・・などと一人ごちているのである。

# by sakusaku_fukafuka | 2006-07-25 17:29 | Comments(22)

定期演奏会

本番

リハーサルを終え休憩をとった後、ステージの袖に控えたとき緊張感も最高潮に達する。
本ベルが鳴って自分のポジションに着席。
指揮者が登場、指揮台の上からタクトが振り下ろされ、緊張の中の第一音目が奏でられると徐々に緊張感から開放され、流れる音楽に神経を注いでいく・・・
自分の演奏技術はまったく未熟ではあるが、この時の高揚感は好きかも知れない・・・

b0062024_2358147.jpg

b0062024_23585648.jpg

b0062024_23593014.jpg

b0062024_014028.jpg

雰囲気を変えて第二部
b0062024_025569.jpg

b0062024_21203726.jpg

# by sakusaku_fukafuka | 2006-06-26 00:07 | ♯s&♭s | Comments(14)

ゲネプロ

今夜はゲネプロ、緊張感も高ぶってくる
皆仕事を持っているので、普段の練習は全員が顔をそろえるということはないが、本番を前にして今夜だけはフルメンバーが揃っての練習

b0062024_0455671.jpg

# by sakusaku_fukafuka | 2006-06-25 00:51 | ♯s&♭s | Comments(8)

一人練習

ちょっとおさらいをしたくて、まだ誰も来ていない大ホールで一人音を出す
広いステージを独り占めして弾いていると最高に気分が良い
誰も居ないホールに残響が響く・・・

b0062024_23323923.jpg

次の日曜日も「日曜練習」写真とはしばしさよなら・・・

# by sakusaku_fukafuka | 2006-06-09 23:35 | ♯s&♭s | Comments(26)

仕事復帰

本日、約二ヵ月半ぶりに仕事に復帰しました。

 辺り一面真っ白な白銀の世界だった冬の最中に、不本意ながらスノーボードでの滑走中に左足首腓骨骨折を負い、スノーボードシーズンを終えましたが、気がつけば今や萌える春真っ只中。
 振り返ると長かったような・・・短かったような・・・・
この間、大勢の皆様から暖かい励ましのお言葉をいただき、皆様のお言葉を支えに療養に専念することができました。お陰さまで、本日から仕事に復帰することができました。
この場を借りて、皆様に御礼を申し上げます。
本当にありがとうございました。

# by sakusaku_fukafuka | 2006-05-23 20:59 | Comments(31)