舞台撮影

昨日は地元の吹奏楽団の定期演奏会。

このところステージの撮影を任されているので、昨日その本番撮影。

いつものことながら、課題が残ってしまう。
やり直しがきかない本番は特にそうだ。
演奏者とは違う緊張がある。
演奏者はつねに体を動かしている。
スポーツとは違う動きなのが難しいところ・・・
動きを止めるために早いシャッターを切るのには感度を上げたい。
感度を上げれば画質は反比例して落ちる・・・

緊張が災いして設定の変更や設定を元に戻すことを忘れてしまったり、ということに繋がる。
昨日の撮影もやはり、そういうことがあって、データを再生してみて反省しきり。。。。。。
でも、やり直しきかないもんね~~(泣)

今日はそのデータのチェックと選出。
撮影枚数は凡そ7,000枚。
一枚一枚チェック・・・気の遠くなる作業(笑)
b0062024_11053044.jpg


















b0062024_11292878.jpg

# by sakusaku_fukafuka | 2018-08-26 11:29 | ほか・生活風景 | Comments(0)

孫と谷川岳登山

孫(小4)との初登山が実現した。

過日「谷川岳に登ってみるか?」と問うたら「うん、登る!」

半信半疑だったが、けっこう本気だったらしい。
夏休みの宿題「絵日記」はジージとの谷川岳登山を書く、と言っていたとのことだったのでこちらも本気準備(笑)

昨日生憎の天気だったのだが、実行した。

いつも独りのときは巌剛新道を登るのだが、今回は孫と一緒なのでロープウェイを使って天神尾根を登る。









b0062024_10021936.jpg













初ロープウェイ。
今は元気です(笑)
b0062024_10022396.jpg














7時30分、登山開始。
b0062024_10022775.jpg















初めて歩く登山道。
いつも舗装されている道しか歩いたことの無い孫。
こんな荒れ道に戸惑っています。
親から譲ってもらったスマホで逐次景色を記録していきます。
b0062024_10022930.jpg














熊穴沢避難小屋到着。
b0062024_10023358.jpg















さ、ここから本格登山だぜ!
b0062024_10023556.jpg












b0062024_10023986.jpg














まだ元気あり、かな(笑)
b0062024_10024299.jpg














b0062024_10024595.jpg
















ここいら辺りからちょっとお疲れのご様子(笑)
「ねー・・・・この辺から下山しようよ」なんていう提案をするようになる(笑)
b0062024_10024803.jpg















「もうちょっとだから頑張ろう!」
「皆さんが、偉いねぇ!、って言ってくれただろ?、さ、頑張ろう」

ちょっと元気復活です。
b0062024_10093998.jpg















ほら! もうちょっとで肩の小屋だぞ。
b0062024_10094309.jpg













b0062024_10094834.jpg















頑張りました。
最初に肩の小屋に立ち寄りました。
管理人さんから「谷川岳山頂登頂証明書」なるものをいただきました(子供向け)。
b0062024_10095008.jpg














先に証明遺書をもらっちゃったんだから登らないわけに行かないよね(笑)
「山頂は登らなくてもいいや」なんて言ってたんだけど、「それじゃ証明書もらっても嘘になっちゃうだろ?」
と説得。
しぶしぶ登ります(笑)
b0062024_10095336.jpg















10:15分。
頑張って山頂到着。
景色は無いけど、やりとげた満足感は味わったみたい(笑)
b0062024_10095696.jpg














あとは下るだけなので、ちょっとご満悦。
余裕がでてきました。
b0062024_10164802.jpg















下山は危険だから慎重にね、と念を押して下る。
b0062024_10165254.jpg














足取りも軽く、もうちょっとでロープウェイ駅。
b0062024_10165627.jpg















着きました。
ロープウェイです。

良く頑張ったね、と褒めてあげました。
さて、次もあるかな?(笑)
b0062024_10170030.jpg

# by sakusaku_fukafuka | 2018-08-13 10:20 | 2018 無雪期登山 | Comments(0)

台風がやってくる

台風(13号)が接近中。

一昨日までぶっ倒れるくらい暑かったのに昨日からやけに涼しい。
台風の影響みたい。
災害は困るけど涼しいのは歓迎。
強風や雨の心配はあると思うが、予想進路を見ると太平洋沿岸を北に向かって進むようだから群馬県はかすめるくらいで済むかもしれない。

束の間晴れ間が覗いた。
b0062024_21571849.jpg

# by sakusaku_fukafuka | 2018-08-08 21:57 | ほか・生活風景 | Comments(0)

蚊は気温35℃を超えると動かなくなるらしいが、トンボ(オニヤンマ)はどうなんだろう?
赤とんぼは見かけるのに、オニヤンマはすっかり見かけなくなった。
こう感じているのは我輩だけでは無さそう・・・・・・

子供の頃は裏の沢にいくらでも飛んでたんだけどねぇ~。
最近はほとんど見かけないよね。
と、オニヤンマを見て育った世代の知人たちは言います。

今年は気温が異常に高いせいか、それとも農薬などのせいなのか分からないけど、涼しいところなら居るかもしれない、と出かけた。

居ましたね~。
ひっきりなしに色んな個体が飛んでました。
でも大きな川はほぼ涸れている。
湧き水が作っている本当に小さな流れの傍を行ったり来たり飛んでいた。
ちょっと嬉しくなったね。

本当はメスに出会いたかったんだが、子供の頃でもメスに出会うのは難しかった。
ほんの偶然一度だけ見かけたが、雄と争って何処へか飛んでいってしまった。

専門的なオニヤンマの生態は全く知らないけど、素人なりにもその習性は少し子供の頃に体験した。
雄は小川の一角をテリトリーにしている。
ほぼ同じ場所を行ったり来たり。
観察する場合は人間は動かなくて良い。
オニヤンマはテリトリーの中を幾度も往復しているので、我々は一箇所で動かず待っていれば何度でも飛んでくる。

そのテリトリーにメスが入ってくるとオスはすぐに交尾をする。
交尾が済むと、メスは小川の浅瀬の砂の中にホバリングをしながら尻尾の先端を突き刺して産卵する。
子供の頃そのメスの産卵を「チョンチョン」と言っていた。
トンボ釣りをするには、そのメスが欠かせない。
人気の無い静かな小川の奥に朝早く入っていくと、メスがよく産卵をしていた。
トンボ釣りの最初の仕事は、そのメスを傷つけないように捕獲するのである。
捕まえたメスに糸をつけ、テリトリーを巡回している雄の目の前に放してやると、オスはすぐに交尾の体勢に入る。
そうなれば、もうしめたもの・・・
オスはいくらでも捕まえられるのである。
幼少の頃は、こんな風にして夏休みの間トンボ釣りに勤しむのである。

ということで、とにかく家の近くでは全く見かけなかったオニヤンマを見ることが出来てよかった。


言い訳するわけじゃないけど、飛んでるトンボをうまく撮影するのは至難の業だねぇ~~・・・
日本最大のトンボとはいえ、被写体としては小さいし動きは早い。
よって何枚撮ってもピンボケ(笑)
b0062024_17174977.jpg













ちょうどホバリングしていたのでパシャ!!
b0062024_17175489.jpg














やっぱり羽を休めているところが一番撮影しやすいわね(笑)
b0062024_17175817.jpg













家の方ではやっぱり今年は暑すぎるので飛ばないのかな~~
農薬などの因果関係はわからないけど、そうゆーこともやっぱりあるかもな?

で、暑すぎるときはこんなところで暫く過ごすのもいいね。
b0062024_17180433.jpg














早くこの暑さ収まらんかね~~
b0062024_17180866.jpg

# by sakusaku_fukafuka | 2018-08-05 17:22 | ほか・生活風景 | Comments(0)

猛暑

いつまで続く・・・・・・・・

連日猛暑が続いてる。

もうじき稲穂をつけようという時期、水不足で田んぼへの給水も競争だとか・・・・・
水上にある田んぼはまだ良いらしいが、水下にある田んぼまではなかなか水が回ってこないらしい。
b0062024_22574177.jpg















道の駅に行ったついでに高台から夕照の谷川連峰を眺むる。
谷川岳から平標山までの銃走路が見渡せる。
b0062024_22574882.jpg














b0062024_22575200.jpg














日が沈んで涼しくなってくれるといいのだが・・・
b0062024_22575727.jpg


# by sakusaku_fukafuka | 2018-08-04 23:00 | ほか・生活風景 | Comments(0)

スマホを換えた

SAMSUNG の GALAXY というスマートホンを初めて手にしたのは2010年頃?
iPhone じゃないとスマホじゃない、なんて怪しからんことを言う族までいたが、アンチiPhone派の我輩はそんなことなんぞ意に介せずAndroid端末のGALAXY。
早めの予約を済ませておいた我輩は難なく発売日にGALAXYを手にしたが、その後の人はAndroid端末のGALAXYも予約待ちでなかなか手に入らなかったらしい。

それからGALAXY Note そして三台目以降はSONY のXperiaにしたが、それも昨日購入したXperia XZ2 SO04K がXperia 三代目となった。

予約してから約一ヶ月、やっと一昨日発売日となった。
本当は二代目のXperiaをもっと長く使うつもりでいたのだが、不本意ながら最近挙動不審が相次いでいた。
指紋認証を設定していたのだが、指紋認証といってもPWと併用で、時々本人確認のためのPWを求めてくる。
その時もPWを求められて、入力欄にPWを入力始めたのだが、最初の二文字くらいを入力したら、そのあとが問題で、指も触れてないのに勝手に※印が入力数限界になるまで入力される始末。
それもすごい勢いで入力されていくので、途中で止められない・・・・・・
ようするに、スマートホンに全くログインできないのである(泣)。

他には、電池の消耗を防ぐために、使っていないときはスリープ状態になるはずなのに、勝手に液晶のバックライトが点いて誤動作を繰り返す・・・・・・
挙句の果てに火傷するくらい熱を発し、ポケットに入れて置けなくなる。

たまたま、挙動不審が収まったときがあって、そのときにやっとスマホにログインでき、指紋認証を解除。
XPERIA XZ2 Premium SO-04K発売日の昨日まで騙し騙し使ってきた。

思えば、挙動不審が始まったのが丁度二年縛りが終わって二ヶ月が過ぎたころなので、これって、もしかしたら使用期間が二年を過ぎる頃に、ユーザーが買い換えたくなるよう「バグがでるようなプログラム」が組み込まれているんじゃない?と疑いたくなったよね(笑)
時計、カレンダーも内蔵されているんだから、プログラマーにしてみたら「二年を経過したら壊れる」、こんなプログラムを組み込むことくらい朝飯前だよな。

でも、ま、電池の消耗も顕著だったので、致し方なく買い換えることと相成った。




スマホの機能も日進月歩。
初めてスマホを手にした頃から比べたら、その進化は目を奪うものがある。

XPERIA XZ2 Premium SO-04K のスペック。
CPU : 2.8GHz(クアッドコア)+1.8GHz(クアッドコア)オクタコア
電池容量 :3400mAh(内蔵電池)
ディスプレイ:5.8インチ
OS : Android 8.0
※内臓メモリ :RAM 6GB / ROM 64GB(4K動画が撮影できるのだからROMは本当は128GBは欲しかったけど、この点はMicro SDXCカードを128GB=高かった~~(笑) にしたのでOK)
カメラ機能も高機能になったけど、ま、本格的な撮影は一眼レフなので、あまり期待はしていない(笑)
でも、RAM が6GBあるのはありがたい、サクサク動く。
ROMも内臓の64GB(OSやプリインストールされているアプリなどがある程度占有しているからフルで64GB無いけど)+128GB(Micro SDXCカード)あるので、単純に使用できるStorage は192GB 近くはある。
ま、十分でしょ。

iPhone の素晴らしさは認めるのだが、iPhone を使いこなすにはPCに iTunes を入れておかなければならないし、データの移行を含めた端末の管理はiTunesを介さなければならないのが面倒で、我輩がアンチiPhone派なのはこれが最も大きい理由の一つ。
我輩にはiPhone のステイタスは不要だし(笑)

iPhoneのROM容量は端末で最大容量が決まってしまい増設などは不可能だが、その点、Android端末はMicro SDカードが使えるので(Micro SDXC 最大400GBまで可)、端末のROM容量が小さくてもMicro SDカードで補える。
データの移行もMicro SDカードに直接書き込めるし、移行もできる。
また端末を直接PCに接続しても端末のデータにダイレクトにアクセスできる。
(余分なiTunes のようなアプリを経由しなくても可能)

旧端末から新端末へのデータの移行も終了。
端末も¥11万2572円とけっこう高価。
二年縛りがあるから実際はもうちょっと低いけど、それでもね~~~
二年以上は使いたいよね。
b0062024_08073413.jpg



# by sakusaku_fukafuka | 2018-07-29 08:08 | ほか・生活風景 | Comments(0)

猛暑続き Ⅱ

『今月に入って東京都内で熱中症の疑いで死亡したのは52人にのぼっていることがわかりました』
とNHKのニュースでやっていた。

我輩も先日軽い熱中症になった。
元請さんが「ただ事ではなさそうだな」と我輩の異変に気づいて早退させてくれたので良かった。
二日休んでなんとか快復。

暑くならないうちに早朝散策。
この時期ならオニヤンマが飛んでいても良さそうなんだけど、その姿を全く見かけない。
暑すぎて飛ばないのだろうか・・・
セミももっとうるさいくらい鳴いていてもいいんだが、ちょっと静かな感じ・・・

そういえば、あの嫌な昆虫「蚊」(蚊もハエ目糸角亜目カ科に属するりっぱな昆虫)も少ないので調べてみると、26°~31°くらいが最も活発に活動し、38°ともなると日陰でじっとしていて動かないらしい。
ま、蚊が少ないことを考えると暑さにも利するところあるが、それにしても「命の危険に関わる暑さ」というのには辟易する。

そんなことを考えながら散歩していて見かけたのは『クロアゲハ』。
アゲハチョウって何種類もいて、蝶の知識に乏しい我輩でもわかるのがこのクロアゲハ。
良く見かけるので珍しくはないけど、こうしてじっくり見てみるとなかなか美しい蝶なのだ。
b0062024_23520120.jpg
皆さんも熱中症、甘くみずにお体ご自愛ください。

# by sakusaku_fukafuka | 2018-07-24 23:52 | ほか・生活風景 | Comments(0)

猛暑続き

連日続いている猛暑。
『命の危険に関わる暑さ』と報道されている。
積乱雲も発達。
なんか、どこかの岸壁に見えてきたりする。
b0062024_23310851.jpg

# by sakusaku_fukafuka | 2018-07-18 23:35 | ほか・生活風景 | Comments(0)

猛暑

この連休、とはいっても仕事が忙しく我輩は休日は今日だけ(泣)。
とにかく暑い。
体を動かすと朝から汗が噴出す始末。

この暑さでは山に登る気にもならず、といっても何もしないでゴロゴロしているわけにもいかず、風呂のカビ取りや排水溝の掃除をしたり・・・

それでも、あまり暑くならないうちに散歩にでかけた。
畦道に『待宵草』が咲いていた。
夜に咲くので月見草とも呼ばれるが、本来は月見草と待宵草は別物。

実はこの花も江戸時代末期に南米から渡来した帰化植物なのだ。
一夜で散ってしまうはかない花なのであるが、早朝だとまだ見られる。

イギリスではイブニングローズとも呼ばれるらしいけど、呼び方一つでずいぶんエレガントな花に見えてきたりする(笑)
b0062024_21594144.jpg

# by sakusaku_fukafuka | 2018-07-15 21:59 | ほか・生活風景 | Comments(0)

春・夏の花

梅雨明け。

6月29日、気象庁から梅雨明け宣言が出た。
今日も朝から汗が噴き出す暑さだ。

近頃『空調服』なるものが普及してきた。
作業服に空気ファンが付いたものだ。
バッテリーを持っていることから多少重く、お値段も高価だが我輩も昨年から導入した。
決して涼しくは無いが、風が吹き抜けるのでかいた汗も乾きやすいのが利点かな・・・
それでもやはり夏は暑い。
b0062024_06594947.jpg














今朝畦道を散歩してきたが、歩くと朝でも汗が噴き出る。
道端にはヒメジョオンが咲いていた。
野生の菊で、あちこちに当たり前に見かける花。

調べてみると『キク科カシヨモギ属の花』とある。
北アメリカ原産で江戸時代末期に観賞用として導入されたが、明治時代には野生化し、全国に分布している、とのこと。

1個体あたり47,000以上の種子を生産し、その種子の寿命が35年と長く、繁殖力も驚異的で駆除することが非常に困難であり、国立公園内の亜高山帯といった自然性の高い地域にも侵入し、日本古来の在来植物との競合が問題になっていて、生態系被害防止外来種のリストにも上がっている要注意外来生物なのである。

良く見かける花ではあるが、質素できれいな裏にはこんな問題も抱えているのである。
b0062024_07221751.jpg

# by sakusaku_fukafuka | 2018-07-01 07:17 | ほか・生活風景 | Comments(0)