2019シーズン始まり?

b0062024_7131133.jpg

昨日、一昨日と冬物を着込むくらい寒かった。

今朝、出勤がてら谷川岳を望むと新雪で覆われていた。
道理で寒かったわけだ。

今から2019シーズンが待ち遠しい(笑)

# by sakusaku_fukafuka | 2018-05-11 07:13 | Comments(0)

『ほっとぐんま640』

群馬県エリア向けのローカル・ニュース番組




先日、白毛門の登山口にあるブナの森の新緑を撮影。
その中の良さそうな写真をNHK前橋放送局にデータを投稿。
夕べキャスターの安川さんから、今夜の『ほっとぐんま640』で放送したい、との連絡をいただいた。
もち、承諾。

ニュース番組なので、突発的なニュースが入ると遅れるのだが、今夜無事放送された。
昨年の笠ケ岳北面の紅葉の写真以来。

b0062024_23354436.jpg











b0062024_23522072.jpg

# by sakusaku_fukafuka | 2018-05-08 23:35 | ほか・生活風景 | Comments(2)

森林浴ハイキング

連休で孫たちが遊びにきたので、今日はちょっとした軽食を持ってハイキング。

幽ノ沢まで歩いて戻ってきたハイカーに聞いたら、一ノ倉沢までは道路に雪は無く安全に歩ける、とのことだったので孫たちを連れてのんびり歩くことにした。

つい2-3ケ月前までは滑っていたのに、もうすっかり新緑の季節。
当たり前のことなんだけど、なんか不思議な気持ちになったりするよね。

一ノ倉沢まで1時間ちょっと。
ま、孫のペースに合わせてのんびり。

一ノ倉沢出合の駐車場までは全く雪が無い。
その先は歩けるだけのスペース分きれいに除雪してあった。
b0062024_18023719.jpg

















往路、一ノ倉沢へ向かう。
この時は元気だったんだけどねー。
b0062024_10103408.jpeg












まだ雪渓は残っているけど、マチガ沢も新緑に覆われ始めてた。

あれをこの間まで滑ってたのね、なんてちょっと感慨がある。

一ノ倉沢の帰り道。
孫たち疲れちゃったのよね~~(笑)↓
あと20分、頑張ってね!
b0062024_18035185.jpg


# by sakusaku_fukafuka | 2018-05-06 18:04 | ほか・生活風景 | Comments(0)

Fresh green

GW後半はテンション上がらず・・・・・・
耕作放棄してる畑に除草剤散布をしたり、作りもしない畑を耕したり。
そんなこんだで連休は消費してしまった。
かつてはそこそこ作物を作ったが、母との二人暮らしでは作っても腐らせてしまうのが関の山。
食べるだけ買った方が安上がりなのだ。
かといって畑をそのまま放置しておいたのでは雑草が生い茂って近隣の農家から苦情がくる。(雑草の種が飛んでくる、というのがその理由=本当)


朝、山を見にちょっと車を走らせて散策をしてきた。
かつて「かぐら」を滑りまくっていた頃、良く一緒に滑っていたカナダ人の「D君」に英語で『新緑』ってどう言う?
と聞いたら「日本語の新緑を指す言葉は無い」と素っ気無く言われた。
「じゃ、次に一緒に滑るときまでに考えておいてくれ」と宿題を出した。

彼はいくつか考えてきた。
New Green・・・・・・いや、そりゃーちょっと直訳し過ぎでしょ?日本のワビサビが入ってないよ(笑)
じゃ、Light Green・・・・・・ん~~・・・New Green よりはちょっといいかもしれないけど、ちょっと違うなぁ・・・
じゃ、Fresh Green はどう? ・・・あ、、、それが一番いいかも(笑)

春は萌え 夏は緑に・・・・・・・(万葉集)
いま正に山がFresh Greenに萌えている。

(画像をクリックで拡大します)

瀑布と新緑
b0062024_17254848.jpg













森林浴にブナの森はいいねー。
b0062024_17255303.jpg












b0062024_22350359.jpg













かえでもまだ新緑そのもの。
b0062024_17255794.jpg


# by sakusaku_fukafuka | 2018-05-05 17:27 | ほか・生活風景 | Comments(0)

ふじ

大型連休後半は雨でスタート。

最も天気の影響を受けやすい山はこの後雪の日もありそうだ。
仲間からの情報だと『石転び沢』は飯豊山荘までの除雪は済んでいるようだが、まだ通行止めとのこと・・・・・

里では桜も終わり、今は自生している『フジの花』が身頃だ。

県内外にフジの有名な場所は数多くあるが、やはり俺的にはフジに限らず自然に自生している花に美しさを感じるなぁ。
b0062024_16070624.jpg

# by sakusaku_fukafuka | 2018-05-03 16:07 | ほか・生活風景 | Comments(0)

鳥海山BC

さて・・・・・・・

前半と後半に分かれた今年のGW。

後半は天気が崩れそうだが前半はけっこう良さそう。

東北では鳥海山、月山、石転び沢・・・
北アルプスなら久しぶりの槍ヶ岳かな、なんて色々考えていたんだがRyonからのお誘いで「鳥海山」に決定。

でも、遠いんだよね~~~

新潟で待ち合わせ、Ryonたちの車一台に乗り合わせて我々3名の班はそのまま祓川(はらいがわ)フュッテへ向かう。

もう一斑も同様待ち合わせて車一台で祓川へ向かうとのこと。

午前4時前に到着。
運転をYasuさんに任せっぱなしで途中からウトウト・・・・・・
気がついたら祓川フュッテ駐車場に着いていた。

この時期午前4時といえば空が白んでくるのはもうすぐだ。
先に到着していた人たちが車のドアを開け閉めする音や、次々とやってくる車のエンジン音で熟睡はできないまま5時を回り、それではと出発の準備。

車から出ると風が強く気温も低い。
向かいにもう一班の車も到着していた。

積雪と除雪の関係で駐車場のスペースはフルに使えない。
空いているところもあるにはあるが、残ったスペースに駐車するのはかなりテクニックが要る。
駐車を試みたが諦めて下の駐車場へ下る車も多くある。

そんな中、準備を終えて6:22分山頂へ向けて出発。
(画像をクリックで拡大します)
b0062024_23115851.jpg














祓川フュッテと『鳥海山』。
写真ではなかなか伝わらないが、大きい山容に圧倒される。
2年ほど前の夏に鉾立山荘から登ったことがあるが、BCが目的の今回は祓川側から山頂(山頂といっても新山ではなく七高山)目指す。
b0062024_00301166.jpg













谷川辺りは雪が少なかったが、こちらは今年は多いらしい。
b0062024_00321342.jpg












風が強いが、この辺ではまだ暑い。
一枚脱いで(俺は半そで)で登攀。
b0062024_00323034.jpg















や~~~まだ歩き始めたばかりとはいえ、なかなか景色が変わらんです(笑)
b0062024_00324205.jpg














歩き始めて約2時間。
徐々に傾斜がきつくなってくる。
さて、シールでどこまで登れるか。。。
b0062024_00330300.jpg













延々と登りが続くような気がしてくるね。
b0062024_23195883.jpg













ここ鳥海山の、というか、この辺のスノーボーダーのスタイルなんだろうか?
板に紐をつけて引っ張って登っているライダーが殆どだが、担ぐスタイルに比べたら風に煽られにくいので楽であることは理解できるが、はて、どうなんだろうな?

下の写真のライダーさんたちは細めでも、紐「二本」で引っ張っていたので最初疑問を持たなかったのだが、ここからもうちょっと登ったところで見かけたライダーは紐が一本なのである。
ま、めったなことでは切れることは無いのだろうが、もし、アクシデントで紐が切れたり外れたりして板が流れたら、下に居る人にとっては相当危険だぜ。

ここのライダーさんたちは「もし、紐が切れたら」とか考えないのだろうか・・・・・
俺個人的な考えだけど、たとえ紐が一本でも、二本でも、下から登ってくる人、下山して行く人の安全を考えたらこういうスタイルは如何なものか、と思ったのである。

俺、心の中で「流れて来ませんように」なんて祈りながら登ったもんね。
怖いよ!
b0062024_23410918.jpg













さて、標高が上がってくると風の強さが半端じゃなくなってきた。
融けて固まったシャーベットの表面が強風で剥ぎ取られ、とんでもないスピードで叩きつけてくる。
痛いの何のって・・・・・・・
b0062024_23200264.jpg











出発して3時間を回った。
下を俯瞰すると、すごい人数のライダーたちが登ってくる。


b0062024_00353932.jpg












b0062024_00354239.jpg












ハイ松の陰を借りて休憩。
ちょっとエナジー補給でっす。
b0062024_23462313.jpg












どんどん傾斜がきつくなってくる。
でも、シールで頑張るぜ!!
b0062024_23482929.jpg














や~~~流石にGW.

どんどん登ってくるぜ!
b0062024_00373710.jpg












急登もシールで直登して11時、山頂到着。
ここは外輪山のトップ『七高山』(2,229m)
b0062024_23585215.jpg













七高山から新山(奥)を望む。
夏に登ったのが懐かしい。
b0062024_23585724.jpg














外輪山
b0062024_23590096.jpg













ランチと滑る準備をしながら俯瞰すると、まだまだ相当数の人が登ってくる。

b0062024_00405462.jpg











b0062024_00012992.jpg












ここでサプライズ!!

お互い顔を見合わせてポカンと口を開けて互いを指差すように驚きの声を上げた・・・・・・
何と、こんなところで偶然お会いしたのは常吉さん。
俺と同様、いつものお仲間さんたちと東北行脚。
懐かしいね~~~・・・
しばし歓談。

記念撮影のお仲間に入れていただきました。
b0062024_00375949.jpg











で、ついでに我々のグループのシャッターも押していただきました。
b0062024_00380261.jpg












またの再会を誓い合ってそれぞれドロップして行きました。

コースを読んでる常吉さん。
オレンジが映えてます。
格好いいですね~。
b0062024_00072986.jpg

b0062024_00073686.jpg

b0062024_00073935.jpg

b0062024_00074488.jpg












次は我々もドロップイン。
我輩が先に滑って撮影することに・・・

Yasu さん。
(人が多すぎてこの位置からだと溶け込んじゃってわかりません)
b0062024_00095018.jpg












一時期は憧れたテレマークスタイル。
格好いいね~~
b0062024_00103212.jpg


b0062024_00103587.jpg












Julie
b0062024_00411221.jpg











b0062024_00123662.jpg













Ryon
b0062024_00130979.jpg














b0062024_00131257.jpg













TAKA
b0062024_00133525.jpg












b0062024_00133932.jpg












常吉さん
b0062024_00141008.jpg











滑り終えて記念撮影。
強風に翻弄されたけど、でも、いい一日だったね。
皆さん、お疲れ様。


b0062024_00151668.jpg










帰り支度をしながら、撮影。
けっこうな積雪です。

関東は雪が少なかったけど、こちら東北は多かったというのがよくわかる。
b0062024_00163593.jpg












下界に降りると風も無く初夏の陽気。
郷から眺める鳥海山が素敵でした。
b0062024_00222716.jpg













帰りはやっぱり定番の温泉。
秋田県側の『にかほ市温泉保養センター はまなす』でのんびり過ごした。
b0062024_00261585.jpg
さて、これで今シーズン滑り納め?
まだまだ続く?

決めかねてます。
優柔不断だね(笑)

D画追加(5月4日)


# by sakusaku_fukafuka | 2018-05-01 00:27 | 2018 雪山三昧 後期 | Comments(4)

尾瀬・至仏山 2nd time

そろそろ滑り納めかな、なんて思いつつもなかなか決断できずにいる今日この頃。

この間は貸切尾瀬を楽しんだんだけど、今回は久しぶりに賑やか尾瀬をやってみようか、ということになった。

日曜日朝6時、戸倉の駐車場で待ち合わせ。
いつものスタイルと比べたらこれでものんびりだ。
(画像をクリックで拡大します)
b0062024_22361222.jpg













乗車定員いっぱいになったら乗り合いタクシーの出発。

鳩待峠に着くと駐車場は満杯。
もうとっくに出発した人たちもいれば、せっかく上の駐車場に停められたのにのんびり出発していく人たちも居る。

鳩待山荘のところで準備。

b0062024_22361759.jpg












7時出発。
この時期ツアーもいっぱい居る。
3名のパーティなんて人数少ない方だな。
b0062024_19372252.jpg














とりわけてキツイルートは無い。
まぁ、のんびり・・・・・
b0062024_19372948.jpg













目的地、至仏山を右手に眺めながら歩けるのがいいね。
b0062024_19373331.jpg













至仏山が最もきれいに見れるビューポイント。
しかし、だいぶ解けちゃったなぁ・・・
b0062024_19373776.jpg












約一月前に戸倉からフルハイクしたときの至仏山。
少ないとはいえ、まだ白いもんな。
b0062024_19472812.jpg













『原見の丘』
b0062024_19481972.jpg












前回同様『オヤマ沢田代』にて大休止。
他のツアーの人たちも同じ場所でゆっくり休憩。

小至仏山の手前まで行ってびっくり。
木道が露出している。

こりゃー今週末ヤバイんじゃない?
b0062024_19494153.jpg












小至仏山のトラバース。
燧ケ岳遠望。
b0062024_19530783.jpg












上州武尊山を望む。
b0062024_19531286.jpg














ゆっくり来たけど午前10時前に到着。
気温は暖かいので賑やかな山頂にてランチタイム。
滑る前に記念撮影。
後ろに見えるゴミみたいなのは、誰かが飛ばしてるドローン。
b0062024_19583169.jpg












b0062024_06313943.jpg













我々の記念撮影のシャッターを押してくださったカップルさんたちは一足先にドロップしていった。
(つたない写真ですが、連絡いただければデータお渡しします。ブログに乗せてある@hotmailまでご一報ください)
b0062024_19593265.jpg
    











b0062024_19593833.jpg












b0062024_19594260.jpg














b0062024_19594654.jpg












山頂で鋭気を養ったので我々もドロップ。


b0062024_06320652.jpg












TR君
b0062024_20034059.jpg












b0062024_20034501.jpg












TAKA
b0062024_20041383.jpg












b0062024_20041799.jpg












上部は荒れてたけどけっこう滑る雪だったのだが・・・・・・・
下部はすでにストップ雪。
ワックス塗りなおしてツリーへ。

ストックを使って下るも、や~~滑らない(笑)

あちこち雪が切れていてルーファイ間違うと大変。
でも、運よく一箇所板を脱いだだけで通過できた。
それにしてもあちこち切れ始めてる。

写真↓は板を脱いだ場所。
b0062024_20085861.jpg











川上川も切れ始めていて、人口のスノーブリッジを関係者が作ってくれたとのこと・・・
(Arai さんたちもそれに加わってくれたとか・・・ありがとうございました)

お陰で渡渉することなく渡れたのはよかったが、渡り終えてシールで急登を登ろうとして滑落。
沢に落っこちて膝から下はビッチョリ濡れた(笑)
意地でもシールで登ろうと再挑戦。
なんとか上りきって鳩待峠へ向かう。
b0062024_20121693.jpg












写真ではわからないけど、ラインだらけの至仏山。
b0062024_20141055.jpg












12:50 駐車場到着。
b0062024_20151913.jpg










この後はお決まりの温泉。
前回と同じ『花咲の湯』にて温泉&食事、で解散。
皆さんお疲れ様!!





# by sakusaku_fukafuka | 2018-04-24 20:19 | 2018 雪山三昧 後期 | Comments(0)

晴れた

b0062024_7352683.jpg

久しぶりの快晴、というか、今朝は谷川岳がちゃんと見えた。

すっかり雪が解けちゃったなー。

# by sakusaku_fukafuka | 2018-04-19 07:35 | Comments(0)

春・かぐら

昨年の11月29日に来て以来の久々かぐら。

春だし、滑れるところも少なくなったし、それでも無難にそこそこ遊べるのはかぐらくらいかなぁ。
昨日奥只見で存分滑って疲れてたけど、朝目覚めてライブカメラを見たら晴れてる。
昨日日曜日でだいぶ人が入ったらしいから、ほとんど裏は滑られてると思うけど、かぐらなら・・・・・・・・



さすがにかぐらだよね。
平日でもけっこう車がある。
しばらく遠ざかっていたら色々がすっかり変わっちゃってる。
Powder Station に顔を出してからチケット購入。
午前券。

一番のRWもそれほど混んでない。
かぐらゴンドラ降りてもまだ晴れてる。
予報だと小雪になってたけどね・・・
b0062024_21515046.jpg












ゲレンデはガチガチだと思ってたけど、ピステの上に夕べも降ったのだろうか、少し新雪が乗っかってるところもある。
でも、基本固いよね。
持ってきた板はスプリットなので、振動でビービー板が鳴るくらいすごいところもある。
足の裏、かゆくなるね(笑)

5ロマが開いたので歩くことにして上へ・・・・・・

シラビソの中を歩くの久しぶり。
谷川にはシラビソは無いので、この景色が好きだね。
しかし5ロマを使えると楽だね~~
鼻歌だよん。
いつも3時間くらい歩くのは普通。ロングなら7~9時間は当たり前に歩いてるもんだから、アっという間に神楽ケ峰。
やっぱり、こりゃーバックカントリーなんて恥ずかしくて言えないわ(笑)

苗場山が見えてきて嬉しいね。
久しぶりに眺める苗場山。
またあそこを滑りたくなっちゃったけどね~
今日は無理。
b0062024_21515479.jpg













神楽ケ峰に「オキノ耳」って言うのもなんか可笑しいけど・・・・・
b0062024_21515767.jpg












神楽ケ峰から稜線を少し戻ってドロップ。
吹き溜まりに所々固いのが見えるけど案外快適。
反射板と上の芝の間の沢筋を4ロマ乗り場まで一気に・・・・・・
上は快適だったけど、5ロマから落とす辺りまできたらゲレンデ状態(笑)
これだけ無法地帯になってるんだから、パトロールが張り付いてビーコンチェックなんかやってても全く意味ないね(笑)


さっきドロップする前にJulieからメールが入って、彼女もかぐらに来たみたい。
「レストランかぐら」前で待ち合わせすることにして4ロマに乗ってメインゲレンデを一本。

午前券で滑れる時間まで一緒にコラボすることに・・・
b0062024_21520158.jpg












Julie やっぱりうまいね!
b0062024_21520499.jpg






俺は午前券なので、13時ちょっと前まで山を降りてきてからJulieと一緒に滑り、みつまたのJACKYS CAFEにてハンバーグを一緒に食べて解散。
彼女はまたゲレンデへ戻っていった。

帰路はやはり久しぶりの宿場の湯に浸かって汗を流す。
ここも閑散としていて静か。
休憩室で一時間くらい寝ちゃったかな。

ま、いい二日間だったわ。








# by sakusaku_fukafuka | 2018-04-10 22:15 | 2018 雪山三昧 後期 | Comments(0)

春・奥只見「まさかの新雪」

この季節、滑れるところが少しずつ減ってくる。
雪解けが思いのほか早く進んでいるような気がする今日この頃。

奥只見ローカルさんたちと「奥只見滑りませんか」と・・・

天気は小雪。
雨よりはいいかも、ということで早起きして出かける。

こっちは青空が見えていたのでちょっと期待したんだけど関越道のトンネルを抜けるとガスで真っ白。
稜線を一つ隔てただけで、これだけ天気が違うんだ、っていうことに改めて気づかされる。
湯沢に差し掛かると雨脚は強くなってきてワイパー大活躍(笑)。

ま、予報だと「小雪」なんだから里は雨でも仕方ないよね。

小出で関越道を降り、シルバーラインの長い長いトンネルを抜けるとガッツリ降ってる。
ちょっと早く到着したので仮眠。
気づくとボンネットの上には数センチ雪が積もってる。

仲間と合流。
シニア券を購入して、いざゲレンデへ。

ここ奥只見でもまさかのパウダースノー。
もちろんコース外に入っちゃうんだけど、稀に底突きするくらいで快適パウダー。
雄叫び出ちゃうよね~~
4月だもん。
























気温も上がってパウダーほぼ終了。
まさかの青空で、山頂まで行って景色を眺めることに・・・・・・
先週登ったH山も少し見える。
b0062024_22403916.jpg














尾瀬・燧ケ岳遠望。
b0062024_22404512.jpg











未丈ケ岳。
b0062024_22405118.jpg












ローカルさんたちも元気だよね~。
ま、俺よりずっと若いからね。(笑)
ほぼ終了間近まで滑って温泉&夕食で解散。
皆さんお疲れ様。
シーズンもいよいよ残り少なくなってきたけど、もうちょっと楽しみましょう。



# by sakusaku_fukafuka | 2018-04-09 22:46 | 2018 雪山三昧 後期 | Comments(0)