猛暑

いつまで続く・・・・・・・・

連日猛暑が続いてる。

もうじき稲穂をつけようという時期、水不足で田んぼへの給水も競争だとか・・・・・
水上にある田んぼはまだ良いらしいが、水下にある田んぼまではなかなか水が回ってこないらしい。
b0062024_22574177.jpg















道の駅に行ったついでに高台から夕照の谷川連峰を眺むる。
谷川岳から平標山までの銃走路が見渡せる。
b0062024_22574882.jpg














b0062024_22575200.jpg














日が沈んで涼しくなってくれるといいのだが・・・
b0062024_22575727.jpg


# by sakusaku_fukafuka | 2018-08-04 23:00 | ほか・生活風景 | Comments(0)

スマホを換えた

SAMSUNG の GALAXY というスマートホンを初めて手にしたのは2010年頃?
iPhone じゃないとスマホじゃない、なんて怪しからんことを言う族までいたが、アンチiPhone派の我輩はそんなことなんぞ意に介せずAndroid端末のGALAXY。
早めの予約を済ませておいた我輩は難なく発売日にGALAXYを手にしたが、その後の人はAndroid端末のGALAXYも予約待ちでなかなか手に入らなかったらしい。

それからGALAXY Note そして三台目以降はSONY のXperiaにしたが、それも昨日購入したXperia XZ2 SO04K がXperia 三代目となった。

予約してから約一ヶ月、やっと一昨日発売日となった。
本当は二代目のXperiaをもっと長く使うつもりでいたのだが、不本意ながら最近挙動不審が相次いでいた。
指紋認証を設定していたのだが、指紋認証といってもPWと併用で、時々本人確認のためのPWを求めてくる。
その時もPWを求められて、入力欄にPWを入力始めたのだが、最初の二文字くらいを入力したら、そのあとが問題で、指も触れてないのに勝手に※印が入力数限界になるまで入力される始末。
それもすごい勢いで入力されていくので、途中で止められない・・・・・・
ようするに、スマートホンに全くログインできないのである(泣)。

他には、電池の消耗を防ぐために、使っていないときはスリープ状態になるはずなのに、勝手に液晶のバックライトが点いて誤動作を繰り返す・・・・・・
挙句の果てに火傷するくらい熱を発し、ポケットに入れて置けなくなる。

たまたま、挙動不審が収まったときがあって、そのときにやっとスマホにログインでき、指紋認証を解除。
XPERIA XZ2 Premium SO-04K発売日の昨日まで騙し騙し使ってきた。

思えば、挙動不審が始まったのが丁度二年縛りが終わって二ヶ月が過ぎたころなので、これって、もしかしたら使用期間が二年を過ぎる頃に、ユーザーが買い換えたくなるよう「バグがでるようなプログラム」が組み込まれているんじゃない?と疑いたくなったよね(笑)
時計、カレンダーも内蔵されているんだから、プログラマーにしてみたら「二年を経過したら壊れる」、こんなプログラムを組み込むことくらい朝飯前だよな。

でも、ま、電池の消耗も顕著だったので、致し方なく買い換えることと相成った。




スマホの機能も日進月歩。
初めてスマホを手にした頃から比べたら、その進化は目を奪うものがある。

XPERIA XZ2 Premium SO-04K のスペック。
CPU : 2.8GHz(クアッドコア)+1.8GHz(クアッドコア)オクタコア
電池容量 :3400mAh(内蔵電池)
ディスプレイ:5.8インチ
OS : Android 8.0
※内臓メモリ :RAM 6GB / ROM 64GB(4K動画が撮影できるのだからROMは本当は128GBは欲しかったけど、この点はMicro SDXCカードを128GB=高かった~~(笑) にしたのでOK)
カメラ機能も高機能になったけど、ま、本格的な撮影は一眼レフなので、あまり期待はしていない(笑)
でも、RAM が6GBあるのはありがたい、サクサク動く。
ROMも内臓の64GB(OSやプリインストールされているアプリなどがある程度占有しているからフルで64GB無いけど)+128GB(Micro SDXCカード)あるので、単純に使用できるStorage は192GB 近くはある。
ま、十分でしょ。

iPhone の素晴らしさは認めるのだが、iPhone を使いこなすにはPCに iTunes を入れておかなければならないし、データの移行を含めた端末の管理はiTunesを介さなければならないのが面倒で、我輩がアンチiPhone派なのはこれが最も大きい理由の一つ。
我輩にはiPhone のステイタスは不要だし(笑)

iPhoneのROM容量は端末で最大容量が決まってしまい増設などは不可能だが、その点、Android端末はMicro SDカードが使えるので(Micro SDXC 最大400GBまで可)、端末のROM容量が小さくてもMicro SDカードで補える。
データの移行もMicro SDカードに直接書き込めるし、移行もできる。
また端末を直接PCに接続しても端末のデータにダイレクトにアクセスできる。
(余分なiTunes のようなアプリを経由しなくても可能)

旧端末から新端末へのデータの移行も終了。
端末も¥11万2572円とけっこう高価。
二年縛りがあるから実際はもうちょっと低いけど、それでもね~~~
二年以上は使いたいよね。
b0062024_08073413.jpg



# by sakusaku_fukafuka | 2018-07-29 08:08 | ほか・生活風景 | Comments(0)

猛暑続き Ⅱ

『今月に入って東京都内で熱中症の疑いで死亡したのは52人にのぼっていることがわかりました』
とNHKのニュースでやっていた。

我輩も先日軽い熱中症になった。
元請さんが「ただ事ではなさそうだな」と我輩の異変に気づいて早退させてくれたので良かった。
二日休んでなんとか快復。

暑くならないうちに早朝散策。
この時期ならオニヤンマが飛んでいても良さそうなんだけど、その姿を全く見かけない。
暑すぎて飛ばないのだろうか・・・
セミももっとうるさいくらい鳴いていてもいいんだが、ちょっと静かな感じ・・・

そういえば、あの嫌な昆虫「蚊」(蚊もハエ目糸角亜目カ科に属するりっぱな昆虫)も少ないので調べてみると、26°~31°くらいが最も活発に活動し、38°ともなると日陰でじっとしていて動かないらしい。
ま、蚊が少ないことを考えると暑さにも利するところあるが、それにしても「命の危険に関わる暑さ」というのには辟易する。

そんなことを考えながら散歩していて見かけたのは『クロアゲハ』。
アゲハチョウって何種類もいて、蝶の知識に乏しい我輩でもわかるのがこのクロアゲハ。
良く見かけるので珍しくはないけど、こうしてじっくり見てみるとなかなか美しい蝶なのだ。
b0062024_23520120.jpg
皆さんも熱中症、甘くみずにお体ご自愛ください。

# by sakusaku_fukafuka | 2018-07-24 23:52 | ほか・生活風景 | Comments(0)

猛暑続き

連日続いている猛暑。
『命の危険に関わる暑さ』と報道されている。
積乱雲も発達。
なんか、どこかの岸壁に見えてきたりする。
b0062024_23310851.jpg

# by sakusaku_fukafuka | 2018-07-18 23:35 | ほか・生活風景 | Comments(0)

猛暑

この連休、とはいっても仕事が忙しく我輩は休日は今日だけ(泣)。
とにかく暑い。
体を動かすと朝から汗が噴出す始末。

この暑さでは山に登る気にもならず、といっても何もしないでゴロゴロしているわけにもいかず、風呂のカビ取りや排水溝の掃除をしたり・・・

それでも、あまり暑くならないうちに散歩にでかけた。
畦道に『待宵草』が咲いていた。
夜に咲くので月見草とも呼ばれるが、本来は月見草と待宵草は別物。

実はこの花も江戸時代末期に南米から渡来した帰化植物なのだ。
一夜で散ってしまうはかない花なのであるが、早朝だとまだ見られる。

イギリスではイブニングローズとも呼ばれるらしいけど、呼び方一つでずいぶんエレガントな花に見えてきたりする(笑)
b0062024_21594144.jpg

# by sakusaku_fukafuka | 2018-07-15 21:59 | ほか・生活風景 | Comments(0)

春・夏の花

梅雨明け。

6月29日、気象庁から梅雨明け宣言が出た。
今日も朝から汗が噴き出す暑さだ。

近頃『空調服』なるものが普及してきた。
作業服に空気ファンが付いたものだ。
バッテリーを持っていることから多少重く、お値段も高価だが我輩も昨年から導入した。
決して涼しくは無いが、風が吹き抜けるのでかいた汗も乾きやすいのが利点かな・・・
それでもやはり夏は暑い。
b0062024_06594947.jpg














今朝畦道を散歩してきたが、歩くと朝でも汗が噴き出る。
道端にはヒメジョオンが咲いていた。
野生の菊で、あちこちに当たり前に見かける花。

調べてみると『キク科カシヨモギ属の花』とある。
北アメリカ原産で江戸時代末期に観賞用として導入されたが、明治時代には野生化し、全国に分布している、とのこと。

1個体あたり47,000以上の種子を生産し、その種子の寿命が35年と長く、繁殖力も驚異的で駆除することが非常に困難であり、国立公園内の亜高山帯といった自然性の高い地域にも侵入し、日本古来の在来植物との競合が問題になっていて、生態系被害防止外来種のリストにも上がっている要注意外来生物なのである。

良く見かける花ではあるが、質素できれいな裏にはこんな問題も抱えているのである。
b0062024_07221751.jpg

# by sakusaku_fukafuka | 2018-07-01 07:17 | ほか・生活風景 | Comments(0)

マー君慰霊登山:谷川岳

23日、マー君慰霊登山。
折から梅雨に入ってしまった当日。
幸いなことに朝はまだ晴れている。
予報だと15時頃から雨模様なので、それまでには下山したい。



天気が心配で、起床して谷川岳を見に外に出てみたら、くっきり見えている。
これなら何とか下山までもちそうな感じ。
b0062024_21204115.jpg












RWベースプラザに6時半集合だが、ちょっと余裕を持って家を出た。
途中土合から谷川岳を仰ぎ見ると朝日が当たっている。
b0062024_21204565.jpg













立体駐車場には車を入れないで手前のスノーシェルターのところに車を置くのは冬と変わらない(笑)
歩いてベースプラザに向かうと、お仲間たちが三三五五集まってきている。
今日の人数は四十数名とのこと。
マー君がいかに大勢の人たちから慕われていたのか、改めて思う。
これだけ大人数だと幹事さんも大変だよなー。
ご苦労様。

予定より少し遅れたかな?
RW山上駅を降りたところで再度集合。
記念撮影。
b0062024_21301182.jpg













b0062024_21300784.jpg













マー君の忘れ形見、幼いお子さんたちも二人いるので、とにかくノンビリ登山。
A、B、C、の三班に分かれ、出発。
三班がそれぞれ思い出の場所に分かれて赴き、連絡取り合いながらそれぞれの場所から三班同時に合掌の計画。

新緑も過ぎ、緑濃くなった登山道をいく。
b0062024_21312217.jpg











b0062024_21312585.jpg













久しぶりに見る、雪の無い 俎嵓山稜が美しい。
b0062024_21313840.jpg














我々A班は最初に到着。
まずは四ノ沢を皆で俯瞰。
懐かしいね~~

打ち合わせしなくても、マー君とはこの辺りでよく一緒になったものだ。
b0062024_21314353.jpg













肩の小屋に戻り、後続の班を待ちながら小休止。
管理人森下さんとも久しぶりの再会。

肩の小屋で再度集合を確認してそれぞれ予定した場所へ移動。
我々A班はオキノ耳へ。

天気は下り坂。
予報通りかな?・・・
ちょっとガスってきた。

オキノ耳からトマノ耳を振り返る。
B班、山頂に到着かな・・・
b0062024_21314726.jpg












各班と連絡を取り合って同時に合掌。

記念撮影をして肩の小屋に戻り、集合したのち下山。
A班
b0062024_21315112.jpg













登山は下山時に注意しないとね・・・
お兄ちゃんも娘さんも頑張ってます。
b0062024_21315503.jpg
















b0062024_21315804.jpg












下山時、雨がポツポツきたけど何とか大雨にならないうちに全員下山完了。
お疲れ様でした。

下山後は汗を流しに温泉。

そのあとは某キャンプ場にてマー君を偲んでBBQ
二日間、皆さんお世話になりました。
また、幹事さんは本当にご苦労さまでした。

写真はピンボケ。
でも、モザイクかけなくても良さそうだし、こういうときはピンボケ写真も使えるね(笑)
b0062024_21564949.jpg













b0062024_21570255.jpg


皆さん、また次の雪のシーズンで会いましょう!!

# by sakusaku_fukafuka | 2018-06-27 21:58 | 2018 無雪期登山 | Comments(0)

花を愛でに『平標山』へ

梅雨の中休み。

いいタイミングで晴れそう。
気になっていたハクサンイチゲを見に平標山へ。

もしかしたら、もうすでに花期を終わってるかもしれないが、まだ咲いていたらラッキー。

4:50 am 出発。
国道17号から見るとちょっと微妙な天気。
(画像をクリックで拡大します)
b0062024_21303956.jpg









でも、予定通り出発。
ちょっと肌寒い感じ。

いつもの松手山コースを登る。

傍らにギンリョウソウ。
b0062024_21304316.jpg











滝雲が稜線を越えてこちら側に流れ込んでるから向こう側はきっと雲海なんだろうな・・・

b0062024_21304663.jpg













スノーシーズン終わって初めての登山だからけっこうきついな。
歩き出したときは肌寒かったけど、汗が噴き出した。
b0062024_21304918.jpg













もうちょっとで鉄塔。

ここに来るといつも思うんだけど、この送電線とお化けみたいな巨大鉄塔が無くなったらすっきりしていい景色なんだろうけどなぁ~~~・・・・・
『東京電力』さんよ。
おたくさんはライフラインという大義の名の下に、平気でこういう自然環境を破壊してるんだよな~~。

柏崎刈羽原発は稼動してないんだから、この50万ボルトの送電線は必要ないんだよな。
新潟県民さんはどんどん再稼動に反対してもらって、このまま廃炉になったら最高に嬉しい。
そして不要になったらこういう邪魔物を撤去して欲しいもんだよな。ま、個人的な意見だけど・・・

b0062024_21305381.jpg













タニウツギ。
b0062024_21305618.jpg












カエデも花が咲いてる。
b0062024_21305978.jpg













約一時間半。
やっと森林限界を越えた。

山頂を望む。
b0062024_21450665.jpg












朝日が支稜を照らす。
b0062024_21451397.jpg













夜露でグッショリ。
『アカモノ』(イワハゼ)
b0062024_21451752.jpg













ベニサラサドウダン。
ちょっと終わりかけ・・・
もうちょっと早かったら更にきれいなんだけどな。
b0062024_21452108.jpg












ヨツバシオガマ
b0062024_21452730.jpg














今日のお目当てはこの花。

『ハクサンイチゲ』

もしかしたら、もう花期を終えて散ってるんじゃないかな、と心配しながら登ってきたんだけど、幸いなことにまだ咲いていてくれた。
嬉しかったね~~
だって、今日の登山はこの花がお目当てなんだもんね。
b0062024_21501613.jpg











b0062024_21501960.jpg













およそ三時間で山頂到着。
冬に滑ったニシゼン方面を俯瞰。
b0062024_21591914.jpg












今年の冬はこんな感じ。
b0062024_21592340.jpg












仙ノ倉山、谷川岳方面。
b0062024_22001562.jpg













平標山を仙ノ倉山側に少し下ったところもお花畑があるので立ち寄る。

ハクサンイチゲ。

こちら側もハクサンイチゲの群落。
b0062024_22011143.jpg















b0062024_22012495.jpg














ここにはハクサンイチゲとハクサンコザクラなどが共生しているので是非訪れたいところだ。

ハクサンコザクラ
b0062024_22030682.jpg












b0062024_22031027.jpg
















b0062024_22031362.jpg













イワカガミ
b0062024_22034537.jpg













今日は天気が良く、北アルプス(白馬岳周辺)がくっきり見えた。
b0062024_22045430.jpg













b0062024_22043584.jpg












b0062024_22055458.jpg














b0062024_22055864.jpg











一時間ほど滞在してゆっくり花を愛でた。
9:52 am 下山開始。

下界は雲海だ。
b0062024_22074614.jpg















滝雲が流れ込んできた。
ガスに巻かれるかもしれない。
早い下山がいいね。
b0062024_22075147.jpg












山の小屋。
b0062024_22075485.jpg
無雪期登山初日、雨に降られることも無く無事終了。
ハクサンイチゲがまだ咲いていてくれて良かった。











# by sakusaku_fukafuka | 2018-06-17 22:09 | 2018 無雪期登山 | Comments(0)

巣立ち間近

雛の鳴き声も以前より大きくなってきた。
親鳥は昨日あたりから餌を持たずに囀っていることが多くなってきて、どうやら雛に巣立ちを促しているようだ。

まだ雛は親鳥から餌をもらわなければならないので、時々は餌を上げているが、それでも餌を持たずに梢で囀っていることが多くなった。

昨日りんごの摘果作業が終わって帰りがけに巣穴を覗いたらもぬけの殻だったので、「もう巣立っちゃったんだな」と思った。
しかし、それでも、と今朝巣穴を覗いたら三羽巣穴に戻っていた。
どうやらどこかで飛ぶ練習をやっていたらしい。
でもちゃんとねぐらに戻っていたんだねー。
ちょっと嬉しい気持ちになった。

これは母親 
b0062024_22210980.jpg















# by sakusaku_fukafuka | 2018-06-02 22:19 | ほか・生活風景 | Comments(0)

りんごの摘果 Ⅲ

今日もりんごの摘果の続き。
雨で途中で終了したが、シジュウカラの親鳥の餌運びは今日も頻繁に行われていた。
b0062024_22253500.jpg














観察していると彼らの邪魔になるのでカメラをセットしておいたみた。

# by sakusaku_fukafuka | 2018-05-30 22:53 | ほか・生活風景 | Comments(0)