プロフィール

ニックネームsakusaku_fukafuka
自己紹介 雪山、夏山、四季を通して山に遊ぶ。

H25年2月二人目の孫誕生。
近頃二人の孫から『ツルツル頭のジージ』と呼ばれるようになった爺ーじスノーボーダー。
BC仲間たちからは「一番危ない爺さん」と言われて久しい。

谷川連峰が主な遊び場。
己のライフワークの一つ山岳スノーボードはSoloが基本。
担ぎ上げた Snowboard で自然そのままの地形を滑り、山中で独り静かな雪山の景色に浸っている時が『至福の時』

滑るときの下見も兼ねて夏山も好んで登るが、いわゆる世間で言うところの百名山なるものには全く興味は無い。
夏冬通して己の好きな山こそ『名山』に他ならないから。

齢46で始めたスノーボードも俺流なら山と向き合うスタイルも俺流。
好きな山なら幾度でも登る。
風香りせせらぎの音、鳥さえずれば耳傾け、傍らに咲く花あればそれを愛で、季節移ろへば深雪に遊ぶ。
窮山幽谷、峻嶺に死すなら悔いなし(と思っていたが、ある山岳事故を目の当たりにしてから考えを変えた。山で死ぬと回りに迷惑かけるので死なないのが一番)。

音楽もこよなく愛す。
主にClassicだが、Jazz、Pops 幅広く聴く
ときには下手糞なContrabass & Drums も奏でることがある。
とうに還暦も過ぎた。このスタイルをいつまで続けられるかが今後の課題だ。

★好きな言葉
画家・堀 文子さんの言葉より《 群れず、慣れず、頼らず 》
山に向き合うスタイルも斯くあいたいと願っているが、近づけているだろうか・・・・・
性別男性
お住まい群馬県
職業その他
趣味・興味Backcountry Snowboard、登山、写真(カメラではない)、音楽(Classic、Jazz、POPS)
経歴かつては電気工事業を自営でやっていたが、「自由気まま」を手に入れたくて責任放棄、今は日雇い労務者で無責任者をやっている。利用するスキー場の駐車料金も払えない貧乏生活だが特に不満も無い65歳である。
好きな場所夏山&雪山
好きな本バイオリニストは肩が凝る(鶴我裕子著)。つまりというか、最近はほとんど読んでない。老眼には辛いのだ
好きな映画五つの銅貨、劔岳(点の記)、いっぱいあって思いつかないが本と同じで最近見ない
好きな音楽ClassicalMusic. Jazz. 1960 - 1970's of American pop
最も幸せな時誰も居ない静かな雪山で独り景色に浸っているとき